無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

汗だくの個別レッスン:不動産投資編

0
    2018.07.20 Friday 

     

    矢です。

    「細矢さん、もうダメ。
    もうダメだって、ひィひィふぅ・・・」

    先日の猛暑日のなか、
    女性陣4名と男性1名と
    物件同行ツアーに行ってきました。

     
    女性陣4名に囲まれニコニコしながら
    物件査定を予定でしたが、

     

    気温が36度。

     

    命にかかわるほどに暑い。
    油断すると熱気で意識が遠のきます。

     

    その様子がこちら↓↓↓
    日傘や帽子が必須なぐらいに暑いです。

     

    売り物件の中はサウナのように暑いですが、
    リフォームポイントを確認する参加者さま

     

    リフォーム完了後の物件を確認する参加者さま
    施工前と施工後の変化に驚いておりました

     

    途中、喫茶店でコーヒーブレイクをする参加者さま

     

    そんなうだるような暑さの同行ツアーだったのですが、
    この数回ほど開催して分かったことがあります。

    これをやっていないと、思うようにお宝物件が買えないよな、、、
    という、『ある』儀式 についてです。

     

    この儀式をしていないと、どんな問題があるのかというと、

     

    ・ボロ物件投資で大儲けができません
    ・いつまで経っても業者のいいなり
    ・利回り20%と聞くと、嘘だと思ってしまう  

    というデメリットがあります。

     

    逆に、この儀式さえやってしまうと
    どんなメリットがあるのかというと・・・、 

    ・素人投資家が買わないダイヤの原石物件を見つけられる
    ・利回り20%ぐらいは、当たり前になる
    ・リフォームでぼったくれない
    ・欲しいときに欲しいだけ物件が買える

    というメリットが発生します。 

     

    その作業時間もわずか半日。

     

    3時間もその儀式に参加すれば
    このメリットを受けられるようになるのです。 

    もし、あなたが思うように物件が買えないならば、
    100%と言っていいほど、この儀式をしていないと
    言っても過言ではないでしょう。 

     

    では、その儀式とは何か?

     

    それは・・・、

      

    あなたが狙う地域の最安賃貸物件
    あなたの目で見ていない。

     

    この儀式をやっていないのです。

    あなたは、この儀式をやりましたか? 

     

    きっと100%の確率でしていないことでしょう。

    だから、お客様が望んでいることが分からないのです。
    お客のニーズが分からないから、物件が見つけられないのです。 

     

    特に、あなたが・・・、

    ・マイホームを持っている
    ・ミドルクラス以上の所得レベルである

    であるならば、100%の確率で
    お客の心理が分かっていません。

     

    私たちがボロ物件投資で行う約8割ぐらいは、
    安いお家賃で貸し出します。 

     

    具体的には、一戸建てて
    5万円とか6万円です。   

    地域にもよりますが新築アパートの1Kと
    同じレベルの価格帯で一戸建てを貸して出しているのです。

     

    ということは、

    お客様の所得レベルは、決して高いとは言えませんし、
    所得があったとしても、かなりの倹約家です。

    その未来の顧客のニーズを正しく理解していないのです。 

     

     

    なので、よさそうな物件を見つけても

    ・余計なリフォームをしようとする
    ・新築レベルの設備を入れようとする

    ということを考えてしまいます。 

     

    結果として、リフォーム代金がかさむので

    「この物件では儲からない・・・ 」

    と嘆くのです。

     

     

    ぶっちゃけですが、それなりの地方で
    一戸建てで5万円、とか、6万円の物件は、

    ピカピカである必要はありません。 

    私が見に行った中で、最も驚いた物件は、
    外壁塗装が途中でやめられていた物件がありました。 

     

    「これは、なんで一階部分しか塗っていないんですか?」

    と聞いたところ、

    「これですか?これねぇ〜、汚いですよね。
    実は大家さんが、自分で塗ったんですよ。
    だから、脚立で届くところしか塗っていないんですよ。
    笑えますよね。がはははははっ!

    と言われたこともありました。

    誰がこんな家に住むんだろうと思っていたのですが、
    後日、その家には、大工さんが済んだそうです。

    彼は、それなりに広くて工具が置ける家を探しており
    他人が遊びに来るわけでもないので、その家でも
    充分に満足しているようです。

      

    常識的にはあり得ないのですが、
    このようなことも良くあることです。

    ということで、もし、あなたが
    思うように物件が買えないならば、

    あなたの狙う地域で最安値
    一戸建ての賃貸物件を3件ほど
    あなたの目で見てください。

    自分の足で低家賃の物件を
    しっかりと体感してきてください。

    お客の望む本当のニーズが分かると思います。

    ではでは!

    細矢ますゆき

     

    追伸: 

    暑い一日でしたが、
    同行ツアーが終わった後は、
    皆さま、よい笑顔でした!

    ご参加頂いた参加者様には感謝です!!
      

     


    潰れる会社の特徴が判明しました

    0
      2018.07.17 Tuesday 

       

      潰れる会社の特徴が判明しました
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       
       

         
      細矢です。
        
      あなたの会社で誰が一番賢いですか?
        
        
      「はい、細矢さん。
       一番かしこくて働き者は、このワタシです!!
       
       私は社長ですから一番仕事のことを
       よく理解しています!!
       
       わたしより賢い社員がいないので
       困っているぐらいです。
       
       細矢さん、私って凄いでしょ?
       
       エッヘン!!」
       
       
      と思っていたら、
       
       
      あなたの会社は危険です。
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      末期がんに陥っている可能性があります。
       
       
      場合によっては、あなたの会社は
      数年後に倒産するかもしれません。
       
       
      なぜか?
       
       
      あなたがいなくなったら
      会社が回らないからです。
       
       
      あなたを中心に会社が回っているので
      あなたが病気で一か月も入院したら
      ペシャンコに会社が倒産することでしょう。
        

      あなたの組織であなたが一番賢く、
      あなたが働いている状況は、
       
      暴力団の組事務所の前で
      モデルガンをもって
      『鬼ごっこ』するぐらい
      デンジャラスなのです。
       
       
      では、どうしたらいいのか?
       
       
      答えは簡単です。
       
       
      あなたより賢い人間を雇ってください。
       
       
      そして・・・、
       
      「げげぇ!? 社長、そんなこともわからないんですか?
       まじで困りますよ。社長が会社にいると邪魔なので
       若いお姉さんとスッキリしていてください!!!」
       
      と言われるぐらいになってください。
       
       
       
      間違っても、
       
      「やっぱり俺の会社では私が一番能力あるな。
       俺ってすごいな・・・」
       
      と思わないでください。
       
       
      人は誰しも他人よりも能力が高いことを
      『本能的』に望みます。
       
      チヤホヤされたいです。
       
       
      だから自分よりも天才や
      凄い人に囲まれると
      居心地が悪いことでしょう。
       
       
      しかし、その『本能』に
      支配されないでください。
       
       
      『本能の逆』を行くのです。
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       
      自分の周りには天才ばかりで
      居心地が悪くて、肩身が狭く感じるように
      あなたの組織をデザインしていくのです。
       
       
      あなたより天才があなたの仕事をすれば
      あなたより仕事がうまく回ります。
       
       
      結果として『社長不在=利益倍増』。
       
       
      あなたは増える預金残高を見ているだけで
      会社はうまく回るのです。
       
       
       
      なぜ、このような話をするのかというと
      私の元には毎日ようにいろんな相談が届きます。
       
      当然ですが、儲かっている会社と
      倒産寸前の会社があります。
       
       
      その中で、倒産しそうな会社の特徴は、
      社長が何でもできてしまう天才タイプです。
       
       
      個人事業主の場合、創業当初は
      社長が全部の業務をしなければなりません。
       
       
      集客、セールス、会計、チラシ作り、
      商品作成、納品業務、トイレ掃除・・・。
       
       
      ありとあらゆる業務を一人で行うしかありません。

       
      そ の創業時を乗り越えた社長さんは
      99%の確率で、何でもできる天才です。
       
      モチベーションも高く、未来を想像でき、
      光り輝くオーラに包まれています。
       
       
      しかし、創業時を乗り越え、
      年齢を重ねたときに、いまだに全部を
      一人でこなしていると限界が訪れます。
       
       
      全業務を背負っているようでは
      体力的にも時代感覚も限界が
      訪れてしまうのです。
       
      結果として会社が傾きはじめ、
      資金繰りにヒイヒイ言うようになります。
       
       
      自分だけで考えてしまうので
      地獄にはまっていきます。
       
       

      逆に、10年以上も儲かる会社の社長は
      参謀がしっかりしています。
       
      天才が彼らの周りをサポートしています。
       
      天才たちは吸収が早く時代を
      察知する能力も高いです。
       
      オートマチックで問題を解決し、
      会社業務を回していくのです。
       
       

      分かりやすく言うならば、
      日本の歴史を見ればすぐにわかります。
       
       
      日本刀を腰にさげて命を懸けて戦っていた
      戦国時代には、必ず参謀とか軍師がいました。
       

      織田信長には羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)
       
      武田信玄には山本勘介。

       
      戦国大名の大将は、
       
      自分よりも頭の良い人間を探すことに努力したのです。
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       
       
      彼ら天才を大切にし、彼らの知恵を大切にしました。
       
       
      そして、国と民衆と家族の命を守ったのです。
       
       
      これは会社経営も同じです。
       
       
      あなた以上の天才とタッグを組むことが
      競争社会を生き残る最善の方法です。
       
       
      ということで、
       
      もし、あなたの会社で
      あなたがが一番賢いならば、
      今すぐあなたより天才を雇ってください。
       
      あなたは天才を活用する方法を
      学んでください。
       
      そして、あなたがいない方が
      会社が儲かる組織を作ってください。
       
       
      ではでは!
       
       
      細矢ますゆき
        
       
      追伸:
        
      「天才を雇えないよ・・・」、
        
      という人は、

      『天才から学ぶ』
       
      ことも意識してみてください。 
       
      彼らのちょっとしたアイディアが
      あなたの人生を大きく変貌させます。
       
       
      2000万円引きの実例も告白!
      億万長者に成りあがる三種の神器↓
      http://src.mods.jp/src/secretsemi11/
       


      たまには休みませんか?

      0
        2018.07.13 Friday 

        たまには休みませんか?
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
         

         
        細矢です。
         
        山奥に行きました。
         
        久しぶりに
         
        インターネットが通じない生活
         
        を送りました。
         
         
        ==================
        残量注意!
        この先、ガソリンスタンドありません。
        ==================
         
        という看板を見たあたりから
        スマホの電波が弱くなっていきました。
         
        私は村人出身です。
         
        田舎には慣れていたつもりですが、
        ネットが通じなくなると
        だんだん不安になりますね。
         
        電波が弱くなるほどに
        不安が大きくなります。
         
         
        「車が故障したらどうしよう」
         
        「救急車をどうやって呼ぶのだろう」
         
        「仕事で緊急事態が起きたら・・・」
         
         
        確率的に発生するわけがないのですが、
        ネガティブなイメージをしてしまいます。
         
         
        気が付けば、
         
        「電波の届く場所はどこが一番近いのか?」
         
        と無意識にネット環境を探していまいた。
         
         
         
        しかし・・・、
         
        そんなことを考えているのも
        2〜3時間でした。
         
         
        諦めがつきました。
         
         
        で、ふと感じたことは、
         
         
        「めっちゃ、気楽〜!」
         
         
        体が軽くなった気分でした。
         
         
        電波が届かないので
        携帯を気にする必要がありません。
         
         
        いつもは人と話していても
        スマホをいじっていたり
        チャットが気になることが多いです。
         
        携帯に意識が分散されてしまいます。
         
         
        しかし、スマホが通じないと
        目の前の景色も視界に入るし、
        人との会話も耳に入ってきます。
         
         
        当たり前のことを
        当たり前に楽しむことができました。
         
         
        たまにはこのような生活も大切ですね。
         
         
         
        もちろん、今ある文明をすべて捨てて
        原始的な生活をする必要はありません。
         
        AIは便利ですし、ネットがあることで
        物理的な制限から解放されます。
         
         
        しかし、私たちがネットや携帯から
        想像以上にストレスを受けています。
         
        携帯を忘れて出かけてしまうと
        パニックに陥る人もいるぐらいです。
         
        その影響力と支配力は日に日に強くなっています。
         
         
        特に私たちの世代以上の人は、
        ネットがない時代から生きています。
         
        おぎゃぁ〜!と生まれた時から
        スマホを触る今の子供たちとは、
        感覚が違うことでしょう。
         
         
        携帯に管理され、携帯の奴隷に
        なっている感覚を受けるのは、
        私だけではないと思います。
         
         
        そんなネットが通じない生活を
        過ごして感じたことは、
         
        「携帯の休日」
         
        を作るべきだと思いました。
         
         
        携帯からの緊張から解放される
         
        「息抜き」
         
        をもっと意識的に取るべきだと思ったのです。
         
         
        今回はたった1日でしたが、
        ネットが通じない無電波生活を送ったら
        精神的にも肉体的にも元気になりました。
         
         
        そして、驚くべきことは、元気になると
        モチベーションもアップしたので
        色々なアイデアが生まれたのです。
         
        今まで悩んでいたことが嘘のように
        解決できました。
         
         
        さらに、驚くべきことは、
         
        目の前の小さなことや何気ない日常にも
        感謝できるようになったことです。
         
         
        私を支えてくれるお客さま、
        スタッフへの感謝はもちろんですが、
         
        目の前の料理をを見ただけでも、
         
        「これだけの素材を集めるのって大変だよね」
        「ハンバーグ一つ作るのだって時間かかるよね」
        「ありがたいことだよね!」
         
        と、感謝の気持ちが湧いてきたのです。
         
        目の前の世界がキラキラして
        輝いて見えるようになりました。
         
         
         
        私は今まで全く逆のことを意識してきました。
         
        モチベーションが落ちていると
        必ずと言っていいほどに、
         
        「やる気がでる方法」
        「結果を出すための目標管理術」
         
        などの本を読んでいました。
         
         
        己を律することだけに専念してきました。
         
         
        例えるならば、空っぽの燃料タンクで
        車を走らせようとしていました。
         
         
        しかし、発想を変える必要が
        あることが分かりました。
         
         
        息抜きを取り入れて
        やる気(燃料)を補充することも大切ですね。
         
         
         
        とくに、今の時代は、
         
        「頑張れ、頑張れ、頑張れ!!」
         
        と尻を叩く時代です。
         
         
        カラカラに干からびた雑巾を絞るようにして
        やる気を出そうとします。
         
         
        しかし、これではいつしか体や心が
        壊れてしまいますね。
         
         
        そういえば私がビリヤードのプロを
        目指していたころ、師匠がこんなことを
        言っていました。
         
         
        「ほそやっちは、もっと気を抜かないとダメだよ。
         その代りにに玉を撞くときだけ集中するようにしな。
         
         順番を待っているときも集中、緊張してたら
         体力が持つわけないでしょ?」
         
         
        ビリヤードのゲームは数時間におよびます。
         
        長いときは5時間以上も行います。
         
         
        そのゲームで勝つには集中力を高める以上に
        集中力を抜くことの方が重要だというのです。
         
        これはその通りで、5時間以上も体を硬直させ
        緊張状態にいたら集中力が持つわけがありません。
         
        最後には負けてしまうのです。
         
         
        だからこそ、球を撞く瞬間だけ
        『キリっ!』と集中し、その後は、
        よだれが出るぐらいに『だらぁ〜』する。
         
         
        これが勝つ秘訣だと習いました。
         
         
        ビジネスでも自分のパフォーマンスを
        上げるためには、全く同じですね。
         
         
        ということで、
         
        あなたは『息抜き』を作っていますか?
         
        定期的に強制的に取り入れているでしょうか?
         
         
        走り続けて息切れ状態になっていないでしょうか?
         
         
        もし、モチベーションがアップしないと
        悩んでいたならば、もしかしたら、
        『息抜き』が必要なのかもしれません。
         
         
        仕事ばかり、家事ばかりの生活では
        いつかは疲れてしまいます。
         
         
        少し息抜きを意識してみてはいかがでしょうか?
         
         
        きっと今のあなたは頑張っています。
         
        もしかしたら、頑張りすぎているかもしれません。
         
         
        頑張っているからこそ、私のメルマガを
        読んでくださっているのだと思います。
         
         
        高いモチベーションを発揮するためにも
        もっと休んでみてはいかがでしょうか?
         
         
        ではまた!
         
        細矢ますゆき
         
        追伸:
         
        先日、無料でご紹介した
        以下のビデオはご覧になりましたか?
         
        まだご覧になっていない方は
        無料ですからご覧ください。
         
        お宝物件が買えない理由とは?
        https://youtu.be/5H0Kyxo2wTc
         
         


        | 1/596PAGES | >>