無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

建国記念日の由来とは?

0
    2016.02.11 Thursday 


    まいど、細矢です。

    今日は建国記念日ですね!

    何をしていらっしゃるでしょうか。


    ちなみに、建国記念日とありますが
    何をもって建国としたのか?

    あなたは気になりませんか。


    明治時代なのか、それとも、
    卑弥呼の時代なのか・・・?

    どのタイミングを基準としたのか
    気になりますよね。


    では、日本の建国記念日は
    どのようなタイミングなのかというと、

    日本書紀や古事記で初代天皇とされる
    神武天皇が、


    「おれ、今日から天皇ね!
    あとはよろしく」


    と即位した日を起算日としているようです。


    ただ、第二次世界大戦のあとは、
    占領国となった日本は、
    マッカーサーにより廃止されました。


    しかし、1966年。

    日本の主権が少しずつ回復し、
    昭和42年より復活。


    今日にいたります。


    歴史を感じる記念日ですね。




    そんな記念すべき今日ですが、
    さきほど、以下の
    ショートメールが届きました。

    =========================

    優良サイトの利用履歴があり
    料金未納状態です。

    本日、ご連絡がない場合、
    法的処置に行こうします。
    至急連絡ください。

    0336647445

    ==========================



    怪しいですね。

    明らかに怪しい内容です。


    早速、この番号をネットで調べると
    架空請求業者だそうです。

    あなたにもこのような
    メッセージが届いたら
    気を付けてくださいね。

    細矢ますゆき


    追伸:

    先日、不思議な相談を受けました。

    舌を噛み切りそうな発音で
    このようなご相談を受けたのです。


    質問者:

    「あのォ。
    びぃ〜とぅ〜びぃ〜とは何ですか?」


    私:

    「BtoBとは、企業間取引のことです。
    企業と個人は『BtoC』といいます」


    質問者:

    「へぇ〜。そうなんですか!
    では・・

    『びぃ〜とぅ〜びぃ〜』で、
    『お〜じぃ〜びぃ〜』って
    どういう意味ですか?」


    私:

    「OGBですか?」


    質問者:

    「はい、
    『びぃ〜とぅ〜びぃ〜』で、
    『お〜じぃ〜びぃ〜』です」


    私:

    「OGBですか・・・?

    OGBっては、オーストラリアの
    オージービーフのことですよね?

    企業間取引の牛肉ってことですか?

    もしかして・・・
    OEMの間違いじゃないですか?」


    質問者:

    「あッそれでした。。。」




    最近、横文字が多いです。

    ビジネスの場では
    覚えることも大切ですが、
    誤解を生まないためにも、

    私たちが話す言葉は、
    分かりやすい日本語がいいですね。


     

    日本は危険なのか?インフレ、震災、国債暴落

    0
      2015.03.11 Wednesday 




      細矢です。

      さびしいです。
      奇妙なメールを貰いました。


      「細矢さん、
       ビジネス、ビジネスっていいますが
       そんなにお金は必要でしょうか。
       
       明日から公開される
       『報酬確定型ビジネス』も
       興味があります。
       
       しかし、わたしは贅沢が
       できるほど稼いでいませんが
       何とか生活はできています。
       
       ローンの返済も苦しいですが
       今まで何とかやってきました。
       
       焦る必要はないと思いますが・・・。
       ご意見をお待ちしております。」

      あなたはこの意見を聞いて
      どう思うでしょうか?


      『お金は稼いだ方がいいが、
       今は焦る必要ない。』

      あなたもこう思うでしょうか?


      私はこのように思っている方を見ると
      残念ながら寂しくなります。


      なぜなら、今から約四年前の大惨事を
      忘れてしまっているのかもしれません。


      あの4年前の悲劇を忘れているのです。

      東日本が津波に襲われ、
      食料がなくなり我が子を思う母親同士が
      ミルクを奪い合ったこと。

      家を一瞬で失い、家を建て直す
      資金がない人々が今でも狭い
      仮設住宅で過ごしていること。

      津波で仕事を一瞬で失い、
      破産者が後を断たない現実。

      福島の放射能問題も何一つ解決されて
      いないこと。

      放射能で仕事を失った家族が、
      今でも東電と裁判を行っていること。

      これらの問題が世間では忘れさられ
      ようとしています。


      その一方で東北に住む金持ちたちは
      即座に逃げ出し、今も安全な地域で
      何もなかったかのように優雅に
      暮らしています。


      ある政治家は、選挙民を見捨て
      自分の家族だけを海外へ逃がしたことは
      有名な話です。


      『現金』のある人間は大惨事があっても
      逃げることができ、資産のない人間は
      危険と隣り合わせで今も苦しめられて
      いるのです。

      その違いは残念ながら
      綺麗ごとぬきに『お金』なのです。

      批判を恐れず遠慮なしに言うならば、
      日本はこれから恐ろしい時代に突入します。

      地震、津波、生き別れ、
      インフレ、増税、預金封鎖…、

      私たちがコントロールできない
      残酷な事件がいつおきても
      おかしくありません。


      そして、

      介護問題、リストラ、ブラック企業など、
      私たちの生活にも数えきれない
      リスクが襲ってきています。


      これは自殺者が年間3万人を
      超える現実から言うまでもないでしょう。


      『豊かで平和な日本』という神話は
      もう過去の話なのです。


      国が私たちを救う力がないことは
      言うまでもありません。


      これからの時代は、残酷ともいえる
      時代を力強く生き抜くスキルを
      身につければなりません。


      その最も重要で最も先に身に着けるスキルが
      『お金を稼ぐスキル』です。


      好きなときに好きなだけ稼げる
      スキルが必要なのです。


      今の収入源を奪われたとしても
      家族や自分が食っていけるだけの
      収入源を確保するスキルが、
      何よりも重要なのです。


      もちろん、こんな現実から目を逸らす
      こともできるしょう。


      万が一、大災害が訪れたときは
      自分の運命、家族の運命だと受け入れ、
      悲惨な人生を歩む覚悟あれば別に
      それは構いません。


      しかし、そんなことは
      私は許せません。


      分かっているのであれば、
      あらゆるリスクに対して
      今のうちに準備をしておくべき
      だと思います。


      自分の身や愛する家族、愛する恋人は
      守ってあげたいのが本心です。

      だからこそ、

      家族や自分の運命は自分で守る

      という意味でも、あなただけの
      ビジネスを構築する必要があるのです。

      今回、お伝えするビジネスは極論を言えば、

      『ショッピングをするだけで日当三万円』

      を稼ぐビジネスです。


      日当三万円を稼げれば、どんな時代でも
      生き抜いていけることでしょう。


      今、あなたに多少の借金があろうとも、
      日当三万円あれば、数日働くだけで返済し、
      ちょっとした贅沢できるノウハウをあなたに
      伝授します。


      もし、あなたも衰退する日本の
      最後のチャンスに、しっかりと
      あなただけのビジネスを構築したいならば

      『明日の朝6時』

      には必ず私からのメールは確認してください。


      そして、共にビジネスを構築し、
      残酷とも言える時代を共にたくましく
      生き抜いていきましょう!


      細矢ますゆき

      追伸:

      期待させるだけ期待させておいて
      がっかりさせると申し訳ないので
      予めお伝えしておきます。


      今回は少人数のセミナー形式で
      一つ、一つ、親切丁寧にあなたに
      このビジネスの魅力や実践方法を
      お伝えします。

      疑問や質問があれば目の前で
      即座に解決し、習ったその日から
      実践できるように指導します。

      手取り足取りお伝えするには、
      人数を制限しなければなりません。

      早いモノ勝ちとなることは
      予めお伝えしておきます。


      青天井の収入とは言いませんが、
      ショッピングを楽しみながら
      日当三万円を確保する、
      報酬確定ビジネスをあなたに
      教えます。


      ----------------------------------------

      発行元:
      にこにこ本舗(株) 細矢ますゆき

      フェイスブックでお友達募集中
      https://www.facebook.com/masuyuki.hosoya


      細矢のブログはこちら!
      http://m-hosoya.jugem.jp/

      ご質問があれば遠慮なくご質問くださいませ。
      わからないことがあった場合は、できるだけ
      調べてでもご回答いたします。

      http://www.kobutusyou.com/otoiawase.html

      ※ヤフーメールでご質問を頂いた場合、ご返信が
      迷惑フォルダーに移動してしまうがございます。
      ご質問には全てご回答を申しあげておりますが、
      ヤフーメールの場合、ご返信が届かない場合がある
      ことも予めご了承くださいませ。

      〇●○細矢が唸ってしまったフレーズ〇●○

      教育は高くつくというなら、
      無知はもっと高くつく。
      by ベンジャミン・フランクリン

      金儲けのうまい人は無一文になっても
      自分自身という財産をもっている
      by アラン

      商人は儲ける義務がある
      by 平 秀信

      金銭は無慈悲な主人だが、
      有益な召使いにもなる
      by ユダヤのことわざ

      世の中で成功を収めるには、馬鹿のように
      見せかけ、利口に行動することである
      by モンテスキュー

      今すべきベストな質問は何か?
      そして、それに対するベストな答えは?
      by 神田 昌典

      馬鹿でも経営できるビジネスに投資しなさい
      by ウォーレン・バフェット

      小善は大悪に似たり大善は非道に似たり
      by ブッタ

      共に学び、共に成長し、共に夢を叶える!
      by 細矢ますゆき

      ----------------------------------------


      オレンジページにスタッフが出ています。

      0
        2014.12.29 Monday 

        まいど、細矢です。
         
        大掃除はもう終わりましたか?
         
        私はまだやっていません。...
        明日はフォローアップセミナーなので
        これから頑張りたいと思います(笑)
         
        さて、今日はどうでもいい話です。
         
        うちのスタッフからの要望なので
        書いています。
         
         
        ほんとにどうでもいいのですが、
        もし、よかったら全国の書店に並ぶ、
        『オレンジページ』1月17日号という本を
        買ってあげてください。
         
        当社スタッフの増田が、
        146ページと147ページに出ています。
         
        ※右上の小さな顔と後ろ髪の女性が
        うちのスタッフです。

        もし、年末ジャンボで当たるか、
        パチンコで連チャンし勝ったら、
        余ったお金で買ってあげてください。。。
          
        彼女も喜ぶと思います。
         
        では、大掃除頑張ります!




        | 1/3PAGES | >>