無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

これであなたも成功者!

0
    2018.04.21 Saturday 

     

     

    これであなたも成功者!
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     
    まいど、細矢です。
     
    人間国宝レベルの一流人になりたいですか?
      
     
    「はい!なれるものならなりたいです!!
     高層マンションか豪邸に住んで、
     VIPな生活を送りたいです!」
     
    と思う方もいると思います。
     
     
    ということで、今日は土曜日なので
    気楽に思ったことを書きます。
     
     
    気楽と書きましたが、私の人生の経験上、
    かなりの確率で的中していることなので
    成功したいなら真剣に読んでください。
     
     
    コンサルタントだけが知っている
    トップシークレットともいえる秘密です。
     

    だから、部屋の扉は今すぐ閉めて
    誰にも見られないようにしてください。
     
     
    スタンバイはいいですか?
      
     
    で、
      
     
    どんなお話なのかというと、
    数多くのコンサルティングをしてきて
    分かったのですが、
     
     
    成功していく人は、成功する前から
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    「成功者にふさわしい行動」を
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    していることが多いということです。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  
      
     
    具体的には、
    現状がどんなに苦しくても、
    セルフイメージが高いので、
     
    成功者のふるまいをして、
    成功者の行動をとっています。
     
     
    ぱっとみた瞬間では、どんなに今は
    惨めでも、成功者と変わらない生活を
    しているように見えるのです。
     
    だから、成功者や自分のファンだけと
    付き合っています。 
      
     
    もちろん、人から見えないところでは、
    カップラーメンをすすったり、
    安い居酒屋で飲んだり、必死で勉強していますが、
    そんなことは隠していることが多いです。
      
     
    なぜかというと、彼らにとっては、
    その成功者ではない姿は、通過点に過ぎず、
    完成系はありません。
      
    だから、他人に見せる必要がないと
    思っているのでしょう。
     
     
    ということで、
     
     
    あなたも、
     
    「とりあえず成功してみたい!」
     
    と考えるならば、
     
    食事、考え方、行動、洋服、話し方などなど
    成功者のふりをしてみてください。
     
     
    成功者のふりをすることで、
    セルフイメージがアップするので、
    気が付くとあなたも成功者になっています。
     
     
    ではまた!
     


    『あげまん』の秘密

    0
      2018.04.06 Friday 

      『あげまん』の秘密
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       


      細矢です。
       
      「いやぁ〜細矢さんと話してると
       めっちゃ自信がつきますね!
       自分でも出来るような気がしてきましたよ」
       
       
      先日、個別コンサルティングをする
      クライアントから言われました。
       
       
      ふと、過去を振り返ったのですが、
      私と話をすると
       
      『妙な自信が付く』
       
      というクライアントが多いです。
       
       
      これはヤバい薬を売っているわけでもなく、
      おべっかを使ってるわけでもありません。
       
      普通に接しているだけなのですが、
      自信を持ってくださるのです。
       
       
      その一方でこんなメール相談も多いです。
       
       
      「私は自信がありません。
       どうすれば自信がつくのでしょうか?」
       
       
      一定の割合で、自信がない、という相談も受けます。
        
       
      そこで、なぜ、この違いが起きるのか?
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       
      なぜ、細矢と会話をする人は自信が付くのか?
       
       
      今まで考えたこともなかったテーマですが、
      今日はそのお話をしていきたいと思います。
       
        

      そもそも『自信』があった方がいいのかというと、
      自信はあった方がいいです。
       
      同じことをするにしても、自信がある人とない人では
      結果が大きく異なります。
       
       
       
      たとえば「俺はモテる!」と妙な自信がある人は、
      必ずモテます。
       
      仮に10人にフラれても自分がモテると確信してるので
       
      「あいつらには俺の良さがわかっていない。
       馬鹿なやつらだ」
       
      と、自分をフッた女性を鼻で笑います。
       
       
      そして、その後もナンパを続けるので
      いつかは気の合う女性が現れゴールイン。
       
      「やっぱり俺はモテるんだな」
       
      と、さらに自信家になります。
       
       
      逆に「俺はモテない・・・」と自信がない人は、
      絶対にモテません。
       
      ナンパするときもオドオドしているので
      怪しまれますし、怖がられます。
       
       
      たった1回フラれても
       
      「やっぱり、フラれたのか。。。
       俺はモテないんだ・・・」
       
      と家に引きこもります。
       
       
      そして、ナンパを止めしまうので
      一生モテずに終わってしまいます。
       
       
      このように、自信がある、ない、とでは、
      引き寄せる結果が全く違うのです。
       
       
       
      では、自信はどうすれば付くのでしょうか?
       
       
      実はこれは非常にあいまいです。
       
       
      例えば、今年の1月から女性アルバイトの方へ
      お手伝いをしてもらっています。
       
       
      彼女は今までにパソコンを使った仕事を
      したことがありません。
       
      学校でろくに作文を書いたこともありません。
       
       
      そんな彼女に
       
      「文章を書く練習としてブログを書いてね」
       
      と指示を出しても、当初は、
       
      「何を書いたら分かりません。。。」
       
      と怯えていました。
       
       
      この怯えながらブログを書くスタッフに対して
      私は2つの対応があると思います。
       
       
      A.一行書けただけでも褒めるちぎる
       
      B.意地悪になって文章をけなす
       
       
      この2つの対応を取り続けたら
      どうなるでしょうか?
       
      同じような文章力でもAとBとでは
      180度違う自信の付き方になるでしょう。
       
       
      結果は同じでも私の言葉で
      自信の付き方が変わるのです。
       
      つまり、環境によって自信の付き方が
      変わることが分かります。
       
        

      つまり、
       
      自信=能力だけではない
      自信=結果だけでもない
       
      ということが分かりますよね。
       
       
      自信とは環境によって大きく左右され、
      あいまいで掴みどころのないモノだと分かります。
       
       
      ※※
      その他にも本人の性格なども
      要因としてはありますが、
      あげだすとキリがないので省略します。
      ※※
       
        
       
      そして、これらを踏まえて
       
      『自信をつけるにはどうしたらいいのか?』
       
      というと、答えは簡単ですね。
       
       
      手っ取り早く自信をつけるには、
       
      『褒めてくれる人をそばにおく』
       
       
      あなたを常に褒めて、褒めて、褒めてくれる人を
      周りに置けばいいだけです。
       
       
      たったそれだけで、誰もが自信家になって
      結果を導くようになるのです。
       
       
      どうですか?
      自信家になるって簡単ではありませんか?
       
       
      自信が付けば結果が自然と出せるようになるので
      無駄な努力は金輪際不要。
       
       
      自信をつけるって意外とシンプルですよね。
       
       
      そして、さらに応用編として言うならば、
       
      『人は、褒める人には褒めて返す』
       
      という法則があります。
       
       
      あなたが他人を褒めれば、その褒めた人が
      あなたを褒め返してくれる法則です。
       
       

      たとえば、セミナーに参加したときに、
       
      「鈴木さん、そのジャケットに合ってますね!
       かっこいいなぁ〜どこで買ったんですか?」
       
      などと声をかければ、
       
      「何言ってるんですか(笑)
       田中さんだって今日のスーツが似合ってますよ」
       
      と褒め返してくれます。
       
       
      だから、他人の褒めポイントを見つければ、
      自動的にあなたも褒められる。
       
        
      その結果として、あなたは自信家になれるのです。
       
       
      ゆえにあなたが自信家になって
      結果を引き寄せたいならば、
       
      1.褒めてくれる人をそばにおく
      2.相手に対して褒める
       
      この2つの具体的な方法を取っていけば
      誰でも自信家になれるのです。
       
       
      興味深いですよね。
       
      自信を持つことは難しいことではないのです。
       
      1円もお金をかけずに自信を手にすることは
      できるのです。
       
       
      ビジネスの世界では『あげまん』という
      言葉がありますが、きっと『あげまん』の方は
      このように褒め上手なのだと思います。
       
      相手をほめて自信を持たせ、
      結果を引き出すように導いているのでしょう。
       
       
       
      でも、このような話をすると、
       
      「細矢さん、うちの旦那はいつもネガティブだし、
       パート先も褒めてくれる人はいないんですよ。
       シク、シク。。。」
       
      と思う方もいると思います。
       
       
      今後、褒める人を周りに集めるとして、
       
      今は褒めてくれる人がいない場合は
       
      どうしたらいいでしょうか?
       
       
      どうやってあなたを褒めてくれる人を
      見つけたらいいでしょうか?
       
       
       
      それは、
       
      『自分で自分を褒める』
       
      ことです。
       
       
      あなたをあなたが褒めて、褒めて、
      褒めまくればいい。
       
      どんなに小さなことでもいいから
      自分自身を褒めるのです。
       
      これを3日やるだけでも今の10倍は
      自信が付くようになります。
       
       
       
      たとえば、
       
      「昨日よりも5分早く起きれた!
       私って天才!」
       
      「ダイエット用の万歩計を遂に買っちゃった!
       これからウォーキングを数値化できる!私ってすごい!」
       
      「気になる商品についてメールで問い合わせができた!
       私はリサーチの天才だな!!!」
       
      「今日はお昼のお弁当を悩まずに買えた!
       決断が早くなったな!」
       
      という感じです。
       
       
      他人と比較するのではなく、
      昨日の自分と比較する。
       
      そして、1ミリでも、0.1ミリでも
      進化したところあれば、褒めて、褒めて、
      顔が赤くなるほどに褒めるのです。
       
      すると、自信がどんどん湧いてきます。
       
       
      ちなみに上記の4つは私が
      自分自身を褒めた事例です。
       
      私はこんなに小さなことでも
      自分自身を褒めています(笑)
       
       
      ただ、間違っても他人とは
      絶対に比較しないでください。
       
      お隣の〇〇さん、とか、
      ネットでみた〇〇さん、とは
      絶対に比較しないでください。
       
      彼らには彼らの人生があるだけの話で
      あなたの人生に関係ありません。
       
       
      私たちはあくまでも昨日の自分と比較するのです。
       
      あなたは昨日の自分から1ミリでも
      成長した自分を褒めるのです。
       
      そんなことを数日もやれば、
      自己肯定が続くのであなたも自信家になれるのです。
       
       
      ということで、
       
      もし、あなたが自信がない、と悩んでいるならば、
       
      1.褒めてくれる人をそばにおく
      2.相手に対して先に褒める
      3.自分自身で徹底して褒める
       
      を実践してみてください。
       
       
      あなたは自然と結果を導く
      天才的な自信家になることができます。
       
      結果を出す前に自信をつけられるので
      結果を導くスピードが桁違いに早くなります。
       
       
      ではまた!
       
       
      細矢ますゆき
       
       
      追伸:
       
      いつからやり始めたのかは忘れましたが
      自分自身をほめ続けていると、
      相手の小さな努力にも目が届くようになります。
       
       
      「あっこの人は小さな壁を飛び越えたな!」
       
      と、ほめるポイントが自然と
      見えてくるようになります。
       
       
      なので、自分自身を褒められると
      他人の褒めポイントもみえるようになるので
      お薦めです。
       
      自信をつけたい方は、あなた自身を
      もっとほめてあげてくださいね。
       


      ダサい!と思われていませんか?

      0
        2018.03.26 Monday 

        ダサい!と思われていませんか?

         
         
        細矢です。
         
        最近、服を買いましたか?
         
         
        あなたは影で
         
        「あの人ってダサいよね、うぷっ!」
         
        と笑われていないでしょうか?
         
         
         
        恥ずかしい話ですが・・・、
         
        私はファッションに
        興味がありませんでした。
         
         

        私が独立した12年前は、
         
        『ノマド』
         
        という言葉が流行しました。
         
         
        ノマドの語源は遊牧民。
         
        ノートパソコンを片手に
        事務所をもたず、ファミレスで
        自由きままに仕事をする人種が
        チヤホヤされた時代でした。
         
         
        「会社にいかなくてもいい」
         
        という解放感に酔いしれました。
         
         
        そんな時代ですから、
        私が最も尊敬した起業家も
        どこに行っても、
         
        『Yシャツにサンダル』
         
        という風貌でした。
         
         
        真面目なスーツをビシッときた
        上場企業の社長よりも、
         
        Yシャツにサンダルのお兄ちゃんの方が
        ずば抜けて年収が高い、
         
        ということが世間に騒がれていました。
         
          
        そんな時代に独立したので
          
        『ファッションに気を遣う=ダサい』
         
        という認識でした。
         
        そして、ファッションにお金や時間を
        使うことが、無駄だと、つい数年前まで
        考えていました。
         
         
         
        ただ・・・、
         
        最近思うことは、
         
        『商人としては大きな過ちを犯していたな』
         
        ということです。
         
         
        『商人こそ最低限のオシャレはしないといけない』
         
        と思うようにしています。
         
         
         
        なぜか?
         
        なぜ、商人はお洒落をしないといけないのでしょうか?
         
         
        理由は簡単です。
         
         
        それは・・・
         
        『お客さんのため』
         
        だからです。
         
         
        私たち商人はお客さんに
        食わせてもらっています。
         
        お客さんに支持されることで
        生活が成り立っています。
         
         
        そのお客さんに、
         
        「〇〇さんってダサいよね。
         近くにいるとお客だと思われるから
         想像するだけでキモい・・・」
         
        と思わせては失礼にあたるからです。
         
         
        それよりも、
         
        「〇〇さんと知り合いなんですのよ。
         オホホォっ!オホホォオオオ!」
         
        と自慢されるようにならないと
        お客さんが可愛そうですよね。
         
         
        ぶっちゃけた話ですが、
        私は服を選ぶのが面倒ですし、
        そのコストにもったいないと感じます。
         
        しかし、これは自分のことしか考えていない。
         
        生活を支えてくれているお客様への
        感謝の気持ちが入っていないんですよね。
         
         
        つまり、

        自分のためにお洒落をするのではなく、
        お客のためにお洒落をしなければならない
         
        ということです。
         
         
          
         
        分かりやすい例は、
        芸能人の舞台衣装などは良い例です。
          
         
        演歌歌手を思い出してみてください。
         
        彼らの衣装はド派手で金ピカの衣装です。
         
        これは、ドでかいステージでも
        お客様へ楽しんでもらえるような配慮ですよね。
         
         
        そして、アイドル達も同じように、
        お客が望むようなミニスカの
        コスプレ衣装を着ています。
         
         
        これは自分のためのファッションではなく、
        お客のためのファッションの良い例です。
         
          

        しかし、そのアイドルが
         
        「こんな衣装なんて誰がきるんですか!?
         派手すぎてダサっ!」
         
        と言っていたら、どうなるでしょうか?
         
        、 
        お客から支持されることは
        絶対にありませんよね。
         
        お客が望まない地味な服を着ていては
        芸能界では生きていけないのです。
         
         
        それと私たちも同じ。
         
         
        私たち商人は、
         
        自分が満足するお洒落ではなく、
        お客が満足するお洒落をすることが
         
        理想的なファッション像なのです。
         
         
         
        もちろん、こういうと、
         
        「ファッションにかけるお金なんてありません!!!」
         
        と不満を言う人もいることでしょう。
         
         
        そんな人はリサイクルショップへ
        行かれるといいと思います。
         
        3000円も握りしめていけば、
        かっこいい洋服はありますし、
         
        運がいいと高級ブランド服も
        チラホラと売られています。
         
         
        アルマーニの数万円もするジャケットも、
        数千円で売られていたことがありましたし、
         
        女性であれば、500円も出せば
        数万円もしそうなブローチも売られています。
         
         
        新品で一着買う余裕がある、
         
        あるいは、
         
        居酒屋で一杯飲むお金があれば、
        オシャレはできるのです。
         
         
        そんな時代にも関わらず10年前とか20年前の
        時代遅れの服を着ている中年男性をよくみかけます。
         
        自分が一番ノリノリで楽しかった時代の服を
        着ているのだと思います。
         
         
        これはぶっちゃけ最悪です。
         
         
        まずお客には嫌われます。
         
        そして、それよりも最悪なのは、
        時代が変わったのに、好みが変わっていない。
         
         
        つまり、
         
        『思考が止まっている証拠』
         
        でもあります。
         
         
        お客からは生きた化石として
        眺められている可能性が大きいです。
         
         
        これではお客に好意を持たれる以前に
        友達すらできなくなり、悲惨な老後しか
        まっていませんね。
         
         
        ということで、
          
        あなたのお客さんが望むファッションを
         
        今年の春は少しだけ意識してみましょう。
         
         
        あなたのお客さまは、
        あなたにどんなファッションであれば
        今以上にあなたに好意を持つでしょうか?
         
        どんなアクセサリーを付けたら
        分かりやすくあなたの存在をアピールできるでしょうか?
         
         
         
        ぜひ、少しだけ考えてみてください。
         
        そして、数千円もあれば十分なので
        お客の好みにあったファッションをしてみましょう。
         
        今以上にお客に好かれて
        あなたの年収も自然とアップします。
         
        ではでは!
         
        細矢ますゆき
         
         
        追伸:
         
        私は右手にでかいダイヤの指輪をしています。
         
        普通のサラリーマンが、会社につけて行ったら
        即リストラされるようなダイヤです。
         
         
        では、なぜつけているのかというと、
        理由は簡単です。
         
        どこからみても社長っぽく見えるからです。
         
         
        私の職業で豆粒ダイヤの指輪を付けても
        地味すぎて華を感じません。
         
        そこで、ちょっとだけ恥ずかしいのですが、
        お客さんに分かりやすいように大きめにしています。
         
        そのおかげで、一定の割合で、
         
        「凄い指輪ですね!」
         
        と笑顔で言われます。
         
        これは作戦が当たっている証拠だと思います(笑)
         
         


        | 1/33PAGES | >>