無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
メール(必須)
苗字(必須)

貧乏な人から飯を奪うほど幸せになる理由

0
    2019.02.14 Thursday 

    貧乏な人から飯を奪うほど幸せになる理由
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 

        
    細矢です。

    むかし、むかしのお話です。

    ある修行僧が師匠に質問しました。


    弟子:

    「し、し、師匠!
    何をすれば師匠のように
    チヤホヤされて、尊敬されるのでしょうか?」


    師匠:

    「うむ、いい質問だ。
    答えは簡単だ。
    それは・・・」


    弟子:

    「はい、それは・・・」


    師匠:

    「貧しい人からご飯をもらいなさい。」


    弟子:

    「はぁ?お金持ちではなく
    貧乏な人からご飯を取り上げるのですか?
    それでは餓死してしまいますよ!」


    弟子は驚きました。

    しかし、師匠がその理由を説明したとき、
    弟子はもっと驚きました。

    感動して涙を流したのです。


    なぜ、師匠はお金持ちではなく、
    貧しい人からご飯をもらえ!といったのか?


    実はビジネスで成功する理由と
    深い関係がありました。



    もし、あなたが、

    ・ビジネスでうまくいっていない
    ・将来、起業したい
    ・とりあえず1億円が欲しい

    と1ミリでも思っているならば
    ぜひ、このビデオをご覧ください。


    2500年前に開発された
    最強マーケティングの手法が分かります。


    無料ビデオ
    貧しい人から飯を奪う理由



    細矢ますゆき


    追伸:

    ドSな人もドMな人も使える
    驚異のマーケティング手法です。


    無料ビデオ
    貧しい人から飯を奪う理由


    --------------------------

    弊社、東京オフィスですが、
    ビル解体工事のため
    2月末で住所が変更になります。

    また、SRCのオフ会会場も
    現在の銀座から八重洲(東京駅徒歩5分)に
    変更されます。

    ご了承くださいませ。
     


    国からお金がもらえるビジネス

    0
      2019.01.02 Wednesday 

      国からお金がもらえるビジネス
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       

         
      矢です。
       
      明けましておめでとうございます。
       
      本年も宜しくお願いいたします。
       
       
      今年の目標は立てましたか?
       
       
      「私は目標なんて立てません」
       
      という方もいると思います。
       
       
      しかし、今年はこれからの
      10年を考える上で、非常に
      重要な一年になります。
       
       
      たとえば、年号の変更。
       
      年号が変わるということは
      さまざまな産業で仕事が
      うまれます。
       
      直ぐに思いつくもので言えば、
      カレンダーですね。
       
      紙のカレンダーもそうですが、
      WEB上のカレンダーも変わります。
       
      全国の印刷屋さんもプログラマーも
      大量の発注にそなえて戦々恐々としています。
       
       
      その他にもお札やも変わるでしょう。
       
      年号の変更だけでも莫大な仕事が発生します。
       
      そして、国民の意識は祝賀モードに
      入ります。
       
      年号変更で景気も拡大するでしょう。
       
       
       
      そして、身近なお話でいえば、
      消費税の増税もあります。
       
      駆け込み需要を含めた
      売上アップも期待できます。
       
       
      また忘れていけないのが、
      オリンピック開催までもうわずか。
       
      莫大な海外マネーが日本に
      落ちていきます。
       
      オリンピック関連も目が離せません。
       
       
      その他にもAIなどの進化、需要も
      グングン伸びています。
       
       
      という具合に目まぐるしく
      市場環境は変化していますし、
      日本の市場は拡大しています。
       
       
      事実、日本の家計金融資産額は、
      2009年に1400兆円でしたが、
       
      2018年には1800兆円に
      膨れ上がっています。

       
       
      これを赤ちゃんを含めた
      国民一人当たりで計算していみると
       
      なんと!
       
      金融資産は333万円も増大
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      していることになります。
       
       
      平均値的に言うならば
      あなたも333万円の金融資産が
      増えて当たり前になるのです。
       
       
      「はぁ?そんなにお金が増えていないです!」
       
      と思う方が大半だと思います。
       
       
      確かに、これは数字のトリックです。
       
      実際には貯金が増えている人は
      ごくわずかです。
       
       
      その証拠に日本銀行の調査による
      『貯蓄ゼロ』の家庭が3割を超える
      ほどになっています。
       
      貯蓄ゼロの家庭の割合が
      10年前に比べると1.5倍も
      増えているのです。

       
       
      つまり、景気は拡大しているのですが、
      所得格差がグングン広がり
      持つものと、持たざる者の差が
      広がっているとも言えます。

       
       
      稼ぐ人間はどんどん資産を増やし、
      稼げない人は置いてけぼり。
       
      そんな時代になっています。
       
       
      なので、あなたが稼ぐ側になれば
      どんどん資産は増やせます。
       
       
      で、
       
      話が脱線してしまいましたが、
      その他にも興味深いビジネスといえば、
       
      『ソーシャルビジネス』
       
      も目が離せません。
       
       
      ソーシャルビジネスとは、
      社会問題の解決を目的とした
      ビジネスのことです。 
       
      私が得意なジャンルだけに
      絞って具体的に言えば、
       
      ・高齢者問題
      ・子供の貧困
      ・育児放棄(ネグレクト)
      ・孤独死
      ・空き家
      ・自然災害
      ・女性の労働(待機児童
      ・DV
      ・老人のごみ問題
      ・農家の後継ぎ
       
      などなど。
       
      数えきれないほどのテーマがあります。
       
       
      これらの社会的テーマについて
      民間が政府に変わってビジネスとして
      解決していくのソーシャルビジネスです。
       
       
      では、なぜこのソーシャルビジネスが
      興味深いのかというと、
       
      批判を覚悟で言えば、
       
      国からお金がもらえて人から褒められる
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
      からです。
       
       
      普通のビジネスでは
      軍資金を貯める必要がありますが
      ソーシャルビジネスは少し違います。
       
      国に代行して民間がビジネスを行うので、
      お金を補助してくれる仕組みがあります。
       
       
      例えば、『農業人』制度。
       
      これは失敗しても所得補償があり
      従業員などがいれば150万円を
      一人当たりに支給されます。

       
      しかも、無担保・無保証人で
      お金も貸してくれます。

       
      普通のビジネスではありえないです。
       
      というか、損をする方が難しいです↓
      http://www.maff.go.jp/j/new_farmer/attach/pdf/index-10.pdf
       
       
       
      その他にも、消費税増税で
      恩恵を受ける保育事業。
       
      そろそろビジネス的には
      終焉を迎えますが、
       
      保育園の賃料4000万円を補助し、
      リフォーム代金だけでも
      2000万円がもらえます。

       
      内閣府HP
      https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/meeting/kodomo_kosodate/b_6/pdf/ref2.pdf
       
       
       
      これはほんの一例ですが、
      このようにソーシャル系は
      ネタが付きません。
       
      あなたもソーシャル系に興味があれば
      各省庁のHPや国会審議を見ていくと
      新しい発見があると思います。
       
       
      そして、私の事例でいえば
      今は具体的に言えませんし
      うまく行くかはわかりませんが

      千葉県では人口600万人に対して
      今は6社しか認可されていない
      ボランティア団体を運営しています。
       
       
      なので、今年は、
       
      不動産投資×ソーシャルビジネス=新ビジネス
       
      という新しい実験をしていきたいと
      思っています。
       
      社会問題を不動産投資で解決するような
      新種のビジネス構築をチャレンジして
      いきたいと思っています。
       
       
      で、
       
      新年早々に色々と申し上げましたが、
      何が言いたいのかというと、
       
      今の日本はビジネスのチャンスが
      いたるところに転がっている、
       
      ということです。
       
       
      あなたの目の前にゴロゴロと
      転がっているのです。

       
       
      もちろん、何でも手を出せ、
      というわけではありませんが、
       
      あなたが興味を持ったジャンルならば
      どんどんチャレンジしてみましょう。
       
      あなたが楽しく率先して取り組める
      ビジネスであれば、火傷しない程度に
      チャレンジしてみるといいと思います。
       
      最初は小さなビジネスでも
      数年後には大きなビジネスに
      なっているかもしれません。
       
      ぜひ、モチベーションが
      1年で1番高まっている今こそ、
      目標を持ってもいいと思います。
       
       
      では、今年も宜しくお願い申し上げます。
       
      細矢ますゆき
       
       


      女性のパンツを履ければ3千円:高額アルバイト

      0
        2018.11.16 Friday 

        女性のパンツを履ければ3千円
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        (注意:どうでいい話です)
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
         

         
        まいど、細矢です。
         
        あなたの性癖ってどんな性癖ですか?
         
          
        実は、先日、ある社長様と
        お話をしていたとき、
        衝撃の事実を聞かされました。
         
        その社長は、最近、便利屋業に進出。
          
        インターネットを使った集客で
        おじいちゃん、おばあちゃんにも喜ばれ
        堅実に売り上げも上がっていく。
         
        慣れない作業の連続を
        楽しみながらこなしていた。
          
          
        ところが、インターネットを使った
        この便利屋さんの集客なのですが、
        奇妙な依頼がたまに届くそうです。
          

         
        たとえば、最近、依頼された内容は・・・、
         
          
        「おたくのスタッフの●●君に、
         女性の下着を履かせて、
         その姿を私に見せてくれませんか?」
         
         
        この便利屋さんの広告には
        男性スタッフの顔が出ています。
         
        きっとこの男性の顔に
        一目ぼれをしたのでしょう。
          
        ガチでこのような相談を受けたそうです。 
         
         
        あまりにも真剣な依頼だったので、
        おそる、おそる、聞いてみたそうです。
         
         
        男性スタッフ:
          
        「すみません、女性のパンツは
         支給されるんですか?
         
         あぁ〜なるほど。
         あなたの支給品パンティを履くんですね。
         かしこまりました。
         
         サイズですか?
         
         サイズはウェストが84です。
         
         えっ?ちょうどいいですか!
         ありがとうございます。
         
         なお、もう一度、確認ですが、
         お客様の好みのパンティを私が履いて
         写真を撮っていただくのですね。
         
         私は男性ですけど、いいんですね。
         
         えっ? 
         男性じゃなきゃだめなんですね。
         
         ご丁寧にありがとうございます。
         
          
         で、
         
         ちなみになんですが・・・
         ご依頼の希望価格はございますか?」
         
         
        依頼者:
         
        「あ、あ、ありがとうございます。
         
         あ、あの。。。
         ほんとうにすみません、
          
         私、あまり今はお金がなくて。。。
         
         精一杯だせて3千円です。
         
         3千円でお願いできますでしょうか。」
         
         
        ここでスタッフさんは
        丁重に電話を切ったそうです。
         
        彼曰く、5万円ならノーストップで
        引き受けたのに、とのことでした。
         
         
        彼の体には3千円は安すぎるというのです。 
         
         
         
        他にも、こんな真剣な依頼が届いたそうです。 
         
         
        10代男性の依頼者:
         
        「す、す、すみません。。。
         
         あ、あ、あの・・・、
         
         わたしのアソコが固いのか、
         それとも、柔らかいのか。。。
         調べてもらえますか・・。
         
         彼女ができたので
         恥をかきたくないので
         お願いできますか。。。」
         
          
        男性ならばわからなくもない
        依頼ですよね。
          
         
        これは妙な仕事場になりそうですね。
         
         
        ある密室で、40代の男性と
        プリティな10代男性が
        アソコの硬度チェックを
        あらゆる角度から鑑定している。。。
         
         
        どのような機材でチェックを
        するのかわかりませんが、
         
        ダイヤモンド級なのか、
        ブロンズ級なのかを調べて
         
        弾力性、硬度を
        査定をするのでしょうね。
         
         
        そして、鑑定が終わったら
        認定証でも出すのでしょう。
         
         
        真剣な悩みなだけに想像しただけでも
        笑ってしまいます。 
         
         
        で、
         
         
        何がいいたいのかというと、
         
        お客のニーズは多種多様。 
         
         
        今は何がビジネスチャンスになるかわからない、
        固定概念にとらわれるな。
          
        ということです。 
         
         

        もしかしたら、
         
        このパンティ試写会が
        アングラで流行するかもしれませんし、
         
        アソコの硬度測定器が
        世界中で売れるかもしれません。
         
          
        お客のニーズに耳を傾けることが
        重要ですね。 
         
         
        ではまた! 
         
        細矢ますゆき 
         
         


        | 1/27PAGES | >>