無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

大学が破たんします

0
    2018.03.30 Friday 

     

     

    私大103法人が破たんのおそれ
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     
    細矢です。
     
    衝撃的な統計データが発表されましたね。
     
    私大の103法人が破たんの恐れが
    あるそうです。
     
    少子高齢化で大学の数は
    半分に減っていく時代ですから
     
    当たり前といえば当たり前ですが、
    怖い数字ですね。 
     
     
    大学が減るということは、
    大学生に頼った・・・、
     
    ・食堂
    ・アパート
    ・商店街
    ・カラオケボックス
     
    なども連鎖倒産するということです。 
     
     
    特に融資を引いたアパート経営などは、
    30年近い返済期間がありますから、
    やばいですね。
     
     
    しっかりと勉強をせずに
     
    ・いわれるがままに買ってしまった方や、
    ・アパート頼りの将来設計をしてしまった方
     
    は、今のうちに修正をしておく必要が
    あることでしょう。
     
     
    いま、やらないと老後破産や孤独死が
    現実的になってしまいますね。
     
     
    ということで、
     
    これからの時代は大学に頼った
    ビジネスモデルは危険すぎる、
     
    というお話です。 
     
    ではまた!
     
    細矢ますゆき

     


    マラソンすると貧乏になる理由

    0
      2018.02.21 Wednesday 

      マラソンすると貧乏になる理由
      =========================

       

       

         
      細矢です。
       
      陸上競技は好きですか?
       
      走ったり、ジャンプしたり、
      鉄の玉を投げたりする競技です。
       
       
      これは個人的な意見ですが、
      私は大嫌いでした。
       
       
      「なぜ、自転車や車のある時代に
       走らなければならいのか?」
       
       
      30年前の子供の頃から
      意味が分かりませんでした。
       
       
      だから、マラソンの練習も、
      かけっこの練習もしたことがありません。
       
      その時間があるならば、
      ビックリマンチョコのシールを売買し
      お小遣いを稼いでいました。
       
       
      高校時代になるとさらにエスカレート。
       
       
      マラソンの授業は学校の外を走るのですが、
      近くの公園で遊んでいました。
        
      学校に戻ると次の授業が始まり、
      誰もいないことが多かったです。
        
        
      だから陸上競技にハマっている人を見ると
      全く意味が分かりませんでした。
       
       
        
      あなたは陸上競技は好きだったでしょうか?
       
        

      なぜ、今日はそんなことを言うのかというと、
       
      『陸上競技にハマらなくてよかった』
       
      と強く思うからです。
       
       
      私が7歳に頃に感じた、
       
      「なぜ、自転車や車のある時代に
       走らなければならいのか?」
       
      という疑問は、正解だったと
      実感しているからです。
       
       
       
      たとえば、プロ陸上競技選手の年収って
      いくらか知っていますか?
       
       
      多くの場合、社員選手の収入は、
      同期社員と同等の基本給+競技者手当です。
       
      基本給の額は企業によって違いますが、
      いわゆる一般社員やOLと同程度。
       
       
      だから就職1年目で年収200万〜300万円ていどです。
       
       
      しかも、就職した会社によっては、
      競技者手当てのないところもあります
       
       
      実はアルバイトを一生懸命にやっている
      大学生と年収が変わりません。
       
       
      だから、どんなに足が速くても、
      高くジャンプできても、
      社会人になったら一般人と一緒。
       
       
      収入的な観点からでは、
      何もメリットがありません。
       
       
      メリットあるとしたら、遅刻しそうなときに、
      猛ダッシュで遅刻を回避できるぐらいしかないのです。
       
       
        
      あなたはこの現実を知っていたでしょうか?
       
       
       
      なぜ、このような話をするのかというと、
       
      もし、あなたが子供にお金の苦労をさせたくないならば、
      子どもの青春時間の使い方は工夫した方がいい、
       
      ということです。
       
       
       
      たとえば、私の学生時代のときに、
      マラソンばかりをする同級生がいました。
       
      彼は毎日、毎日、数時間にわたる練習し、
      血のにじむような努力をしました。
       
      しかし、上には上がいます。
       
      残念ながら県大会すら出れず、
      その後に普通の会社に就職しました。
       
       
      走ること以外は知らないので
      特筆すべき能力はありません。
       
      今では単純作業の日々をこなし、
      ロボットやAIに仕事を奪われ、
      リストラに怯えるおじさんになっています。
       
      中学、高校の約6年間で投資した
      4500時間のリターンはほぼありませんし、
      その時間は二度と帰ってきません。
       
       
        
      その一方で、学生時代は
      『おたく』とバカにされた同級生がいます。
       
       
      彼は運動はそこそこに
      ゲームやパソコンを組んで遊んでいました。
       
      彼はプログラミングを誰よりも早くマスターし、
      プログラム会社に就職。
       
      今ではゲームを開発したり、セキュリティシステムの
      開発をしたりしています。
       
      そして、高級マンションに住み、
      海外旅行にも頻繁にでかけています。
       
       
       
      なぜ、こんなに大きな差が出たのでしょうか?
       
       
      それは現代社会に必要とされている能力が違うからです。
       
       
      現代では、足が速い少年がいても、
      誰も価値を感じません。
       
       
      県大会レベルの陸上大会でも
      そこにいる観客は身内か親族ぐらいです。
       
      誰もそこに価値を感じていないので
      会社を休んでまで見に来る人はいません。
       
       
      さらには、走る姿をユーチューブにアップしても
      再生回数は、限界があることでしょう。
       
       

      逆に『おたく』はどうでしょうか?
       
       
      朝から晩までゲーム実況をしている人は
      どうでしょうか?
       
       
      古い年代の人からすれば
       
      「どうせゲームするだけだろ!?」
       
      と思うかもしれませんが、
      ゲーム実況で親よりも稼ぐ
      月収100万円プレイヤーはうなるほどいます。
       
      先ほどの企業スポーツ選手の年収を
      数ヶ月で稼いでしまいます。
       
       
      さらには、『Dota2』というゲームでは、
      2016年のシアトル大会では、
       
      賞金総額 $ 20,770,640 (23億1000万円)
       
      もの賞金が出たそうです。
       
       
      国内ゴルフの賞金総額よりも
      遥かに高いことが分かると思います。
       
       
      人気のゲーム大会風景
      https://gyazo.com/7cb5720be432a9fe25d47d489e9cb9f0
       
       
       
      これからの30年は、
      AIに人間の仕事がどんどん奪われて
      余暇の時間が増えることが明らかです。
       
      ゲーム開発者などは、今後も高いお給料を
      得られることは明らかですよね。
       
       
       
      それらを考えると大切な子供の青春時間を
       
       
      ・誰も価値を感じない陸上競技をさせるのか?
       
      ・未来に価値があがるモノに時間を投資するのか?
       
       
      を考える必要があることは一目瞭然ですよね。
       
      ※陸上競技はあくまでも一例です。
      そして、体を思うように動かせることは大前提です。
       
       
       
      古い教育にしがみつき、むやみに走らせているだけでは
      時代に取り残されることも明らかです。
       
      「あいつ学生時代はかっこよかったのにな。。。」
       
      と同窓会でバカにされることは回避できないことでしょう。
       
       
      ぜひ、あなたにもお子様がいるのであれば、
      未来を見据えた教育をお勧めいたします。
       
      早い投資を行えば、余計な苦労せずに
      豊かで安定した未来を構築できます。
       
      ではまた!
       
      細矢ますゆき
       
       
      追伸:
       
      このような話をすると、
      必ず反論する人がいます。
       
      ただ、そのような人に以下の質問をいつもしています。
       
       
      あなたが母校の部活動に募金をした金額と
      あなたがスマホやゲームに費やした金額を
      比較してみてください。
       
      たくさん費やした方があなたが体感している
      経済的な価値ですよ、と。
       
       
      あなたはどちらの方が金額多いでしょうか?
       
       


      もっと目立ちましょ!

      0
        2018.01.24 Wednesday 


        もっと目立ちましょ!
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
         

         
        まいど、細矢です。
          
        商売の基本は何ですか?
         
        と聞かれました。
         
        答えは簡単です。
         
         
        商売の基本は目立つことです。
        目立たなければ商品は売れません。
         
        部屋のすみっこで
        体育すわりをして、
        ブルブル震えているようでは
        絶対に稼げません。
         
        なぜなら、商品やサービスが
        認知されないからです。
         
         
        ただ、こういうと、
         
        「目立つといじめられませんか?」
         
        と聞かれます。
         
         
        そこで名言です。 
         
        ==========
        出る杭は打たれる。
        でも、出すぎた杭は打たれない。
        ==========
         
        つまり、ハンパを超えれば
        いじめられません。
         
        むしろ、褒めたたえられるようになります。
          
        ということで、
         
        若手起業家はもっと目立ちましょ。
        あいつはアホだと言われるぐらいに
        あなたをアピールしましょう。
         
        圧倒的な結果を出せば、
        褒めたたえられます。
         
        ではでは!
         
        追伸:
         
        ちなみに、出ない杭はどうなるかとういと、
        それは、腐ります。
          
        腐る前に頑張りましょう!


        | 1/16PAGES | >>