無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

業務改善のナマ現場

0
    2017.09.29 Friday 

    砂漠で井戸は掘れるのか?
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     


    まいど、細矢です。
     
    「ちょっと助けれもらえませんか?」
     
    お世話になっている商工会の方から
    相談を受けました。
     
    経営が苦しく、無料で相談にのって
    もらいたいとのことでした。
     
     
    正直、一番、嫌な依頼ですよね。
     
     
    過去の経験上、これってなにもメリットが
    ありません。
     
     
    そもそも、困っているということは、
    砂漠で井戸を掘ろうとしていることが
    9割です。
     
    掘っても掘っても水はでませんから、
    努力をしてもお互いに時間の無駄になります。
     
     
    また、運よく時間を投入し改善できても
    改善された人間の多くは、その恩は
    すぐに忘れます。
     
     
     
    すぐに忘れるような人間だから
    誰にも相談できず、困ることが多いからです。
     
     
     
    私は人間が未熟ですから
    半年に一度ぐらいはお手紙ぐらいは
    もらいたいですが、
     
    回復したら
    「そういえばそんなことあったっけ?」
    となることが9割です。
     
     
    だから空しくなるんですよね。
     
     
    ただ・・・、
     
    今回はお世話になっている
    商工会の方の依頼。
     
     
    とりあえず相談に乗ったのですが、
    現状が、ひどい。
     
    ひどすぎる。。。
     
     
    今度、機会があったらお伝えしますが、
    手の施しようがありません。。(笑)。
     
     
    何もないんです。
     
     
      
    お客がいない。
     
    知識がない。
     
    お金がない。
     
     
    あるのは借金とゴミだけです(笑)
     
     
     
    オレオレ詐欺でさえ、
    お金を搾取するためのマニュアルがあったり、
    見込み客名簿があったりします。
     
     
    でも、この会社には何もないんです。
     
     
     
    ほんとに驚きました。
     
     
     
    これは当たり前ですがつぶれますね。。。
     
     
      
    さっさと逃げ出したいくらいです。
     
     
    でも、仮に神様がいるならば、
    何かの意味があるのかと思い、
    無報酬でも頑張っていきたいと思います。
     
     
     
     
    では、何からやるのかというと、
    やることは【二つ】しかありません。
     
     
    一つ目は債務整理。
    身軽にします。
     
      
    そして、二つ目は
    身軽になったら集客です。
     
     
    これだけなんですよね。
     
     
     
      
    とりあえず債務整理は
    あっけなく8割ほどケリをついたので、
    あとは集客です。
     
     
    ただ、集客には知識が必要です。
     
     
    この業界の知識を得るために
    ひたすら情報を集めています。
     
      
    法律、ルール、業界の平均年収、
    政府からの通達書、ライバル調査・・・。
     
     
    まったく違う業界なので
    言葉を覚えるところからスタートです。
     
     
     
    こうなると思うようには進みませんね。
     
     
    ただ、上手く回復して、
    地域の活性化ができれば
    商工会への恩返しができますので
    ゆっくりとやっていきたいと思います。
     
     
    ではでは!
      
     
    追伸:
      
    今日の19時から
    民泊ビジネス激安ビデオが
    販売開始になります。

    音声は悪いですが、
    中身は濃いですので
    楽しみにしていていください。
     


    脱サラで失敗する思考法

    0
      2017.08.28 Monday 

      脱サラで失敗する思考法
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        
      細矢です。
       
      脱サラで失敗する確率を
      知っていますか?
       
      5年以内で倒産する確率を
      あなたは知っているでしょうか?
       
       
      「細矢さん、それ知ってます。
       5年で8割が倒産します。
       だってメルマガで読んだことがあります!!」
       
       
      と勉強した方ならば言うと思います。
       
       
      しかし、実際は8割ではないことを
      知っていましたか?
       
       
      『5年以内に8割の企業が倒産する』
      という話は嘘だったのです。
       
       
       
      正確には国税庁の発表によると
      8割どころではありません。
       
       
      『85%』の会社が5年以内に
      倒産しているそうです。
       
       
      100社あったら5年以内に85社が倒産。
        
      5年後の生存数は15社だけです。
       
       
       
      震えあがる数字だと思いませんか?
       
       
       
      倒産すれば収入源はなくなります。
      人によっては借金だらけの人生です。
       
       
      食べるものにも困り、子供は泣き叫び、
      奥さんは愛人を作って夜逃げする・・・。
       
       
      5年以内に85%の確率で
      悲惨な末路がまっているのです。
       
       
       
      厳しい現実です。
       
       
       
      さらにもう少し突っ込んだ話をするならば、
      脱サラ組の倒産確率はもっと高いことでしょう。
       
       
      なぜなら、倒産する85%の会社には、
      ペーパーカンパニーや節税会社があります。
       
      これはら実態のない会社であり、
      最初から倒産することが予定されている。
       
       
      倒産をしたくて倒産しているのです。
       
       
       
      なので、脱サラ起業が5年以内に倒産する確率は、
      もっと高い。
       
       
      約9割と思っても間違いありません。
       
       

      つまり、100人の起業家がいたら
      5年後には90人はうす暗い部屋で
      100円のカップラーメンをすすりながら、
       
      「起業なんてしなけりゃよかった」
       
      と嘆いているのです。
       
       
       
       
      では、なぜ脱サラ組の起業が失敗するのでしょうか?
       
       
      どうすれば失敗を防げるでしょうか。
       
       
       
      これらの要因については、
      過去に数多くの話をしてきました。
       
      「脱サラする前にお客を作っておく!」
      「セールスを極めておく」
      「不労所得を作っておく」
       
      などなど・・・。
       
       
      必要なテーマについて
      具体的に細かく話してきたつもりです。
       
       
       
      しかし・・・
       
       
      今日は数多くの起業家予備軍が
      まだ気づいていない『新事実』を
      ご紹介したいと思います。
       
       
      あなたも独立をしたいならばこの事実を正しく知り、
      実践しているかをチェックしてみてください。
       
       
      これから紹介する『計算式』を正しく理解していれば
      あなたの脱サラ成功率は、飛躍的にアップすることでしょう。
       
       
       
      では、その計算式とは何かというとこちらです。
       
       
      --------------------------
      ●脱サラを生き残る計算式●
      --------------------------
      売り上げ−経費=儲け
      --------------------------
       
       
      この計算式を知っていますか?
       
       
       
      「細矢さん、バカにしてるんですか?
       そんな計算式ぐらいは知ってますよ!
       プンっ!プンっ!!」
       
       
      と思う方もいることでしょう。

       
       
      例えば、売り上げが100万円が発生し、
      その商品の仕入れ代金が50万円だった。
       
      そして手元に残ったのは50万円。
       
        
      だから『儲け=50万円』という計算式です。
       
       
      これはあなたも知っていることだと思います。
       
       
       
      ただ・・・
       
       
      脱サラで失敗する人の99%は、
      この計算式の『時系列』まで考えている人はごくわずか。
       
       
      『時系列』を考えながら計算式を見ていない。
       
       
      だから、致命的なミスをしてしまうのです。
       
       
       
      では、どういうことかのか?
       
      先ほどの計算式を時系列で細かくみてみましょう。
       
       
      すると、
       
      1番最初に経費が発生し、
      2番目には売り上げが発生する。
       
      そして、
       
      3番目にやっと儲けが確定します。
       
       
      たとえば、あなたがパソコンショップならば、
      目の前のパソコンを5万円で仕入れ、
      ヤフオクで10万円で売り上げて、
      5万円の利益を得る。
       
       
      これが基本的なビジネスの時系列です。
       
       
       
      まず最初に経費(投資)があるから
      売り上げが上がる。
       
       
      ビジネスはマイナスからスタートをするのです。
       
       
      そして、経費と売り上げが一定の割合を保って
      売り上げと連動していきます。
       
       
      たとえば、利益率25%ならば、
      100万円の売り上げならば75万円の経費。
       
      75万円を使うことで100万円の
      売り上げを得ることができます。
       
       
       
       
      これは当たり前の話かもしれませんが、
      倒産する脱サラ起業家はこれを理解していません。
       
       
      75万円の先行投資が怖くてできないのです。
       
      ほんの一瞬だけ手元から離れることができません。
       
       
       
      なぜなら、サラリーマン生活が長いので
      『貰い癖』がついているからです。
        
        
      『お給料を貰ってから使う』スタンスなので
      『初期投資』という考え方が染みついていない。
       
       

      だから、よくあるケチな事例としては・・・、
       
       
      ・アフィリエイトをするにも
       広告を打たないから売り上げがごくわずか。。。
       
       
      ・物販をするにも仕入れ以外の投資をしないので
       自分の時間を奪われて売り上げが伸び悩む。。。
       
       
      ・不動産業者にご飯すら御馳走せず、
       お宝物件情報が舞い込んでこない。。。
       
       
      ・新規参入をするにも知識に対して初期投資せずに
       いつまで経っても変わらない。
       
       
      などなど・・・。
       
       
      必要経費を払っていないので
      売り上げが発生しないのです。
       
       
      その結果、
       
      「頑張れば何とかなる」
       
      と経費をケチって寝ずに仕事をする羽目に陥るのです。
       
       
       
       
       
      冷静に考えてみれば当たり前の話ですよね。
       
       
      無料で私たちの商品やサービスを
      宣伝してくれる人はいません。
       
       
      無料で私たちのために働いてくれる人は
      家族以外には誰一人いません。
       
       
      売り上げをアップするには、
      最低限の必要経費が必要です。
       
       
      この初期投資しなければ、
      どんなに素晴らしい能力を持っていても
      絶対に稼ぐことはできないのです。
       
       
       
      逆に儲かっている社長たちは、
      この先行投資は惜しみません。
       
       
      人材、作業場所、知識、教育、システムなどなど。
       
      普通の人からすると恐ろしいほどに投資をします。
       
       
      しかし、彼らは投資すればするほどに
      お金が増えて帰ってくることを知っているので、
      恐怖に負けずに先行投資をしていきます。
       
       
      これが勝ち組と負け組の大きな差を生むのです。
       
       
        
       
      ただ・・・間違ってほしくないことは
      無駄な経費はかける必要はありません。
       
      ぜいたく品を買え、というわけでもありません。
       
       
      適切な場所へ適切な投資が必要であり、
      余分な経費は、ムダ金になるので、
      見極めは重要です。
       
       
      必要なところへ必要な額を投資していく必要があります。
       
       
       
       
      そこで、あなたに質問です。
       
       
      あなたはどんなビジネスをしたいですか?
       
       
      そのビジネスにはどんな初期投資が必要でしょうか?
       
      そして、いくらぐらいの先行投資をかける必要が
      あるでしょうか?
       
       
      ぜひ、脱サラ予備軍は、このような必要経費も
      頭に入れておいてください。
       
       
      正しい経費を使えば、正しいリターンで
      あなたの売り上げになって返ってきます。
       
       
      ではまた!
       
      細矢ますゆき
       
       
      追伸;
       
      「一番最初に使う初期投資は何ですか?」
       
      と聞かれたら、やっぱりそれは知識です。
       
       
      起業したいジャンルならば
      100冊は読んでも損はありません。
       
      あるいは、
       
      ベストなメンターを見つけることです。
       
       
      この先行投資は必ず投資以上の
      高いリターンを得ることができます。
       
      何が必要経費なのかが分からない方は、
      知識に投資することから始めるといいと思います。
       
       


      退職金ゼロ!少子高齢化で自己破産する人

      0
        2017.07.31 Monday 


         
        矢です。
         
        困った質問をよく受けます。
         
         
        「細矢さん、
         少子高齢化で人口が減少するのに、
         不動産投資はキケンではないですか?」

         
         
        あなたも同じようなことを
        考えたことがありませんか?
         
        人口が減少するのに大家さん業をしたら
        空き室だらけで大損すると思っていませんか?
         
         
         
         
        これから日本は恐ろしいほどの
        少子高齢化になっていきます。
         
         
        2030年には高齢化率が31%を超え、
        2050年には人口が1億人を割ります。
         
        2070年ごろには、減少の勢いは止まらず、
        日本の人口はわずか7000万人になる見込みです。
         
         
        この人口7000万人は、
        どれぐらいの人口規模かご存知でしょうか?
         
         
        実は第二次世界大戦後より人口が少ないです。
         
         
        私たちのおばあちゃんがモンペを着て
        大空襲を逃げきり、日本中が焼野原に
        なった時よりも人口が減っているのです。
         
         
        ぶっちゃけマジでやばいです。
         
         
        なので、
         
        「不動産投資なんて危険だよね!」
        「空き家だらけになるよね!」
         
        と思う方も多いでしょう。
         
         
         
        でも、冷静に考えてみてください。


        本当に不動産投資だけが危険でしょうか?
         
         
        あなたの会社や密かにあてにしている
        年金の方がやばくないですか?
         
         
         
        たとえば、あなたが自動車関連の
        仕事をしていたとします。
         
        エンジン部品を作ったり、ドアを作ったり、
        車を販売する仕事だとします。
         
         
        その自動車が老人ばかりの日本で、
        誰が自動車を買うのでしょうか?
         
        人口は減り続けているのですから、
        日本国内の売り上げは期待できません。
         
         
        現在の販売店は半分に減り、
        工場も半分に減ることは
        言うまでもないことでしょう。
         
         
        つまり、従業員が半分になるか、
        給料が半分になるしか道は残されていません。
         
         
         
        そのほかにも、
        あなたが住宅系の仕事をしていたとします。
         
         
        大工さんでもいいですし、
        基礎を作る会社でもいいです。
         
         
        そこで人口が減り、中古住宅があふれている未来で、
        誰が新築の家を建てるでしょうか?
         
         
        住宅系は輸出ができない国内産業です。
        業務縮小は言うまでもないことでしょう。
         
         
         
        あるいは、スーパーやデパートで
        働いても同じです。
         
        人口が減るにも関わらず、
        今と同じ売り上げを確保できるでしょうか?
         
         
        間違いなく今と同じ売り上げを
        確保できることはないことでしょう。
         
         
        お店を閉店し従業員へのリストラを行い、
        給料をカットし、事業規模を小さくするしか
        道は残されていません。
         
         
        ・・・などなど。
         
         
        今の仕事を冷静に分析すると、
        私たちの仕事の方がリスクが高いのです。
         
         
        あなたの仕事が10年、20年と
        同じ待遇で続く方が確率的には低いのです。
         
         
        もちろん、あなたが公務員であれば話は別です。
         
         
        公務員は国家に守られていて、
        国がお給料を保証しますし、
        退職金制度もあります。
         
         
        固定給が貰えて退職金が
        2000万円や3000万円は
        貰えるかも知れません。
         
         
        でも、一般的な会社では
        そんなことはあり得ないのです。
         
         
         
        もちろん、こういうと、
         
        「細矢さん、アルバイトすればいいじゃいですか?」
         
        と思う人もいると思います。
         
         
         
        でも、はっきり言いますが、
         
         
        これはもっと悲惨なです。
         
         
         
        高校生や大学生、学生上がりの新入社員に、
         
         
        「オッサン、なにやってんの!?
        そんなんだからロクな仕事見つかんねーんだよ!
        ウゼェから辞めてくれ!マジ使えねー!」
         
         
        と、集団で薄ら笑いで罵声を浴びせられ、
        奴隷のようにアゴで使われるハメになります。
         
         
        そんな悪夢のような苦痛に耐えながら
        必死で働いても、派遣やバイトの収入だけで
        家族を養っていくのは難しいです。
         
         
        そう考えると、いま、手を打たないと、
        多くの方が『老後破産』に直面します。
         
        しわが増え腰が曲がった老人なったときに、
        飢えと戦いながら生きていくしか
        道が残されていないのです。
         
         
         
         
        では、不動産投資はどうなのか?
         
         
        空き室が増えるにも関わらず
        運営していけるのでしょうか?
         
         
         
        答えは・・・、
         
         
        YES!!
         
         
        私たちが行う不動産投資ならば、
        何一つ問題ありません。
         
         
        なぜなら、理由は3つ。
         
        ======================
        理由1:相場より安く買うから
        ======================
         
        不動産投資で絶対に失敗しない方法は、
        買った段階で儲けを確定させることです。
         
         
        たとえば、相場1千万円の物件ならば
        半値の500万円で買えば、失敗の
        しようがありません。
         
         
        仮に何かのミスで入居者が入らなくても
        現金に換金すれば500万円は儲かります。
         
        買う前に儲けを確定させれば
        恐れることはないのです。
         
         
        ======================
        理由2:5年で元を取るから
        ======================
         
        私たちが投資している物件は
        利回りで20%なんて表現をしますが、
        5年前後で元を取ります。
         
        遅くても7年で投資金額を回収します。
         
        なので、7年後にはタダで
        物件が手に入ったことなります。
         
        そうなると、極端な話ですが、
        家賃1万円で貸しても損はありません。
         
        さすがに1万円ならば
        入居はきまります。
         
        莫大な借金をしてしまったゆえに
        家賃を落とせない大家さんを横目に、
        私たちは涼しい顔で貸し出せるのです。
         
         
        ======================
        理由3:広い家を買うから
        ======================
         
        これから空きが顕著に表れるのは、
        狭い1Kとか1ルームと言われる
        物件です。
         
        なぜ、このような物件に空きが
        増えるのかというと、
         
        私たちのような投資家が
        『広くて安い家』を提供するからです。
         
         
        私たちは激安で不動産を購入しています。
         
        安く変えているので 
        狭いアパートと同じ家賃で、
        広くて綺麗な物件を貸すことができるのです。
         
        なので、空き室に心配することは
        何もないのです。
         
         
        ----------------------
         
         
         
        どうでしょうか?
         
        ほぼリスクがないことが
        お分かりになることでしょう。
         
         
        また、今のお仕事だけでは
        何もしないことのリスクが
        お分かりになったと思います。
         
         
        ただ、ここで言いたいことは、
        リスクの話だけではありません。
         
          
        リスクだけではなくメリットがあることも
        忘れないでください。
         
         
        具体的にどういうことかというと、
        自分で投資を行うということは、
         
        『儲かったお金はすべてあなたのもの』
         
        というこです。
         
         
         
        家賃収入で得たお金は、お給料以外にも
        あなたの指定口座へ毎月振り込まれてきます。
         
        10万円、20万円、30万円と
        不労所得が固定給として振り込まれるのです。
         
         
        しかも、1戸でも家を貸し出せば、
        あなたも立派な経営者です。
         
        旅行も食事代もすべて経費で
        合法的にまかなえます。
         
         
        人によっては風俗すら
        経費で落とす人もいるぐらいです。
         
         
        美人なお姉さんにスッキリしてもらい、
        頬を赤らめながら、税理士さんに
        領収証を提出すれば合法的に経費に
        計上してもらえるのです。
         
         
        平均的な地方の家賃相場である
        6万円も払えば、20代の若くて
        芸能人の卵レベルは十分に手が届きます。
         
         
        それぐらいの金額ならば、田舎の大家さんでも
        経費にしているので、あなたも人生を満喫できるのです。
         
         

         


        たった一度の人生ですから、
        リスクに怯えるだけではなく、
         
        素晴らしい未来が手に入るメリットも
        想像してもらいたいと思います。
         
         
         
        ただ、ここで疑問に思うのは、
         
        「どうやってそんなお宝物件を買うのか?」
        「初心者や素人でも激安物件は買えるのか?」
         
        ということだと思います。
         
         
        先ほどもお伝えしましたが、
        不動産は仕入れで8割の勝負が決まります。
         
        その仕入れ方法についてわからない人も
        いることでしょう。
         
         
        実はその方法について、ヤバいビデオを
        収録してきました。
         
        現役の不動産屋が一般ピープルでは
        絶対に知りえない裏物件情報の入手法を
        私たちのために暴露してくれたのです。
         
        非道徳な話に聞こえるかもしれませんが、
        合法的で堅実な手法です。
         
        しっかりと頑張れば、新車のレクサスや
        新車のベンツぐらいは、すぐに手が届く
        ヤバいノウハウです。
         
        そんな特別なビデオを明後日に
        公開しようと思っています。
         
         
        お楽しみに!!
         
        細矢ますゆき


        | 1/13PAGES | >>