無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

お年玉を配布します。

0
    2018.01.15 Monday 

    お年玉を配布します。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~
     細矢です。
     
    2018年に突入して
    もう15日が過ぎました。
     
    2017年はあっと言う間に過ぎて、
    気づけば2018年だったという方は、
     
    ここでしっかりとギアを入れ替えて
    アクセルを踏み込まなければ
     
    来年も「気づけば1年が終わっていた」
    となってしまいます。
     
     
    そうならないためにも、
    2018年を最高の1年にして頂くために・・・
     
     
    明後日、1月17日の朝6時に、素敵なお年玉を配布しますので
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    是非、パソコンの前で待機しておいてください。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     
    【 1月17日の朝6時 】です!
     
     
    2018年を劇的に変えるための、
    超衝撃的な内容になりますので、
    見逃さないようにしてください!
     
     
     
    さて、それでは今日は
     
    あなたも買ったかもしれない
     
    『 年末ジャンボ宝くじ 』
     
    の話をしたいと思います。
     
     
     
    題して、
     
    「宝くじで人生を逆転することは可能なのか?」
     
    です。
     
     
    あなたもこれまでの人生で一度くらいは
    宝くじを買ったことがあると思います。
     
     
    もちろん私もあります。
    当たったことはありませんが・・・。
     
     
    毎年年末になると、日本中で
    億万長者になる夢を信じて
    多くの人たちが宝くじに熱狂します。
     
    冬の寒いなか、冷たい手をこすり合わせて
    宝くじ売り場の前で大勢の人が妄想しながら
    鼻の下をべろーんと伸ばして行列を作ります。
     
     
    ですが、あなたもご存知のように
    宝くじでお金持ちに仲間入りできるのは
    気絶するくらい運の良い人だけです。
     
     
    あなたはこの宝くじの真相を知っていますか?
     
     
    今日はそんな、
     
    「ヤ○ザよりたちの悪い」
     
    宝くじの真相をお伝えします。
     
     
     
    【宝くじの真相】
     
     
    ■1.テラ銭が異常なほどに高い
     
    テラ銭(寺銭)というのは、
    いわゆるギャンブル等において
    主催者に支払う参加料のことです。
     
    ギャンブルの主催者は
    このテラ銭で運営をしていて、
     
    主催者側が提供する場所や人件費も
    これに含まれます。
     
     
    一般的なギャンブルのテラ銭は・・
     
    ・競馬(25%)
    ・パチンコ(10〜15%)
     
    などです。
     
     
    もちろん宝くじもギャンブルには
    違いないのでテラ銭が存在します。
     
    宝くじのテラ銭(当選金額/発券金額)は
    おおよそ48%です。
     
     
    つまり胴元は、
     
    宝くじを¥10,000分売っても
    当選金は¥4,800しか出していません。
     
     
    もっと言うと、仮に宝くじを一人で買い占めると
    キッチリ半分損をするってことです。
     
     
    競馬やパチンコと比べても
    52%なんてほとんどボッタクリ。
     
    悪質なほど高率なテラ銭です。
     
    ハッキリいって、ヤ○ザよりタチが悪いです。
     
     
    たまにテレビなどで、当選金が増えたとか
    高額になったとか言っていますが、
    長年この48%はほとんど変動していません。
     
     
    これってどういうことなのか?
     
    「庶民が夢に踊らされて宝くじを買えば買うほど
     ボロ儲けしている輩がいる!」
     
    ・・・ということです。
     
    本当に恐ろしい仕組みです。
     
     

    ■2.宝くじ1等当選確率 = 交通事故で450回死ぬ確率
     
    宝くじの当選確率を知ると
    絶望したくなる人は多いかもしれません。
     
    年末ジャンボ宝くじは
    1ユニット(1,000万枚)に当たりが1枚です。
     
    ということは当選確率を数字で表してみると
     
    0.0000001%
     
    です。
     
     
    つまり年末ジャンボの1等に当たる確率は
    1000万分の1です。
     
     
    実はこの確率、
     
    雷が人間に直撃して死ぬのと同じくらいの確率です。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
     
     
    他にも、いろんな人がいろんなことを言っているので
    多少の数字のずれはあるかもしれませんが
    一般的に言われているものでは・・・
     
     
    ・交通事故で450回死ぬ確率
     
    ・サイコロが10回連続で同じ目を出す確率
     
    ・8200年間、毎日無作為に選んだ航空機に乗って
     事故に遭うか遭わないかという確率
     
    ・自分が北海道にいるとして、北海道の上空から
     1円玉を落として、頭に当たる確率
     
     
    など、知れば知るほど驚きの確率です。
     
     
    ・これまで雷に打たれたことがある。
    ・墜落した飛行機に乗っていたことがある。
    ・北海道で1円玉が頭に直撃したことがある。
     
    それでも五体満足でピンピンしています。
     
     
    そういう幸運なのか不幸なのか
    よくわからない特異体質の人なら
     
    宝くじを買ってみる価値は
    あるのかもしれません。
     
    しかし、そのような稀有な人以外は
    ほぼ当たりそうもないでしょう。
     
     
     
    ■3.当たっても結局、破産する人が続出!
     
    「宝くじ当たった! 人生バラ色! ひゃっほー!」
     
    と浮かれている人の約7割が破産か、
    前より貧しい状態になっていると
    言われています。
     
    札束に囲まれて、金銭感覚が狂って
    クルクルパーになってしまう人が
    かなり多いとわかって頂けると思います。
     
    わざわざ高い山に登って
    そこから飛び降りるようなもので
    ダメージが半端ありません。
     
     
    そのうえ・・・
     
    家族や親戚にたかられる。
    周囲に妬まれる。
    散財して最後に自己破産する。
     
    本当に恐ろしい現実です。
     
     
    しかし、これが宝くじの真相です。
     
     
    別にあなたの夢を壊したくて
    こんなことを言っている訳ではありません。
     
     
    もちろん、これらを理解したうえで
    宝くじで一攫千金を狙うというのなら
    それでも構いません。
     
     
    でも、もしあなたが宝くじで
    本気で夢を叶えたいと思っているのなら
     
    私は「ああ、そうですかぁ・・・」と後ずさりしながら
     
    振り返って全速力で逃げます。
     
     
    そして半径1キロ以上離れたことを確認して
     
    「あぶなかった・・・ 変な奴につかまるところだった。」
     
    と胸をなでおろすことでしょう。
     
     
    宝くじで自分の人生を変えたいなんて
    「本気で思っている人」は
    狂気の沙汰じゃないと思います。
     
     
    宝くじで夢を買うのはいいですが
    大切なお金を失っては意味がありません。
     
    あなたもそうは思いませんか?
     
     
    「細矢さん、新年早々、暗い話はやめてください!」
     
     
    たしかにその通りですね。
     
     
    それでは、あなたには明るい話を
    プレゼントしたいと思います。
     
     
     
    それは世の中には、
     
    『 はずれのない宝くじが存在する 』
     
    ということです。
     
     
     
    しかも、これまでに挙げたような
    恐ろしい副作用はありません。
     
     
    ということで、
     
    次回の「お年玉」で
     
    『はずれなしの宝くじ』を手に入れる
     
    具体的な方法を全て公開します。
     
     
    さらに、
     
    超特大のサプライズを用意しています。
    ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
     
     
    ですので2018年に人生を変えたい!
    はずれなしの宝くじを手に入れたい!
     
    という方は、絶対に次回のお年玉を
    受け取るようにしてください。
     
     
    本当に、あなたの人生を変える内容なので
    2018年、人生のステージを上げたい人は
     
    今すぐスマホのアラームをセットして
    万全の準備をしておいてください。
     
    明後日17日の朝6時です。
     
     
    それでは2018年も、
    一緒にがんばっていきましょう!
     
     
    細矢ますゆき
     


    2018年に最も儲かるビジネスとは?

    0
      2017.12.27 Wednesday 

      2018年に最も儲かるビジネスとは?
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       
      細矢です。
       
      2017年ももうすぐ終わりますね。
       
      今年もたくさんの出来事がありました。
       
       
      政治では自民党が圧勝し、
      アメリカではトランプが就任。
       
      将棋界では14歳の藤井四段が29連勝。
       
      日馬富士の暴力事件に
      相撲協会と貴乃花親方との確執。
       
       
      そして、ビジネスの世界では、
      戦後2番目の「いざなぎ景気」を超え、
      景気が拡大。
       
      ビットコインが220万円を超え、
      仮想通貨が注目を浴びる・・・
       
       
      などなど。
       
       
      目まぐるしく時代が変っています。
       
       
       
      なかでも少し怖い話としては、
       
      みずほフィナンシャルグループでは、
      AI(人工知能)を使うことで
      26年度末までに従業員数を
       
      『約1万9000人減らす方針』
       
      を発表しています。
       
       
      つまり、たった1グループだけでも
      年間約2000人の仕事が
      AIに奪われることになります。
       
       
      日本全国で考えるならば、
      この100倍、200倍の雇用が
      奪われていくことになります。
       
       
      将棋や囲碁の世界では、
      人間がコンピューターに勝てなくなった今、
      当たり前といえば当たり前かもしれません。
       
       
      2018年以降はさらにAIの進化が加速します。
       
      量子コンピューターが普及したら
      人間が勝てる要素はありません。
       
       
      あなたの席には、今後、AIが座ることに
      なるかもしれませんし、
       
      仲のいい同僚とも仕事を奪い合うような
      骨肉の争いにも高確率で発展します。
       
      いつクビをチョキンと切られても
      文句が言えないことを理解しておいてください。
       
       
      前にメルマガでもご紹介しましたが、
      以下の職業の方は、気を付けてくださいね。
       
       
      ===================
      消える職業ランキング
      ===================
      オックスフォード大学の
      マイケル・オズボーン氏発表
      --------------------
       
      1.小売店販売員
      2.会計士
      3.一般事務員
       
      4.セールスマン
      5.一般秘書
      6.カウンター接客係
       
      7.レジ・切符販売
      8.荷物の箱詰め・積み下ろし作業員
      9.金融取引記録保全員
       
      10.大型トラック・ローリー車の運転手
      11.コールセンター・施設の案内係
      12.乗用車・バンの運転手
       
      ====================
       
       
      そして、あなたが40歳以降ならば、
      さらに厳しい現実がまっています。
       
      中小企業の40代社員の
      ボーナスはまず増えません。
       
      7割は平社員で終わるので
      給与アップも見込めません。
       
      中小企業の退職金は貰えなくなります。
       
      それでも住宅ローンや養育費を
      今後も支払う義務があります。
       
       
      一歩間違えると赤貧地獄と
      陥る可能性が高いです。
       
       
       
      そして、最も深刻な問題としては、
      ご両親の介護問題です。
       
       
      あなたのご両親は健在ですか?
       
       
      ご存知かもしれませんが、
      年間10万人が介護のために
      離職をしています。
       
      無職になる方が10万人もいるのです。
       
       
      事実、私の友人も介護問題で
      苦労しています。
       
       
      入退院を繰り返す母親のために
      総額500万円以上を費やしているそうです。
       
       
      身の回りの世話をするために、
      奥さんが義母のところへ行き、
      その交通費や食事代で、
      毎月10万円かかる。
       
      家に残された友人や子供たちも
      奥さんがいないために外食が増え、
      出費が止まらない。
       
       
      そうして、3年、5年と経過し
      気が付いたら500万円を超えていた。
       
      あと数年もお母様が生きてれば、
      貯金がゼロ。
       
       
      順風満帆だった家庭が、
      お母様のご病気から一気に崩壊
      してしまいました。
       
       
      お金を取るか、親を取るのか・・・。
       
       
      奥さんと顔を合わせるたびに
      口論が絶えなくなっているそうです。
       
       
      『母親の命の値段』
       
      という複雑な問題が絡んでくるのです。
       
       
       
      今後はあなたにとっては、
      『お金』というキーワードは
      今後も重要になっていくことでしょう。
       
       
       
      「じゃあ細矢さん、
       独立して大金を稼げば良いのでしょうか?」
       
      と思う人もいるかもしれませんが、
      そうではありません。
       
       
      薄っぺらい起業コンサルタント達は、
       
      「起業しなければ安定は望めない!
       今すぐ独立しようぜベイビー!!」
       
      と恐怖だけを煽っていますが、
      独立だけが安定の道ではありません。
       
       
      「お金が必要です。だから起業しましょう!」
       
      これは薄ぺっらい考えです。
       
       
      5年で8割の企業が倒産するなか、
      独立だけが安定を手にする道ではないのです。
       
       
      じゃ、どうすればいいのか?
       
       
      それは、まずは、
       
      『お金儲けのルールを暗記』
       
      することです。
       
       
      そして、小さく実践してみることです。
       
       
      このルールさえ暗記し実践できれば、
      毎月5万円、10万円の余分なお小遣いも
      自然とあなたの指定口座に入金されます。
       
       
      ちょっと頑張れば
      誰でも年収1000万円になれます。
       
       
      もちろん、税金で半分は持っていかれますので、
      年間で500万円ぐらいの余分なキャッシュになります。
       
      月々40万円ちょっとのお小遣いに減額しますが、
      誰もがニタニタする金額だと思います。
       
       
       

      独立する以前に、このルールを知り、
      ルール通りに小さく行動していくことが
      何よりも大事なのです。
       
       
       
       
      では、そのルールとは何か?
       
       
      数あるお金儲けのルールの中で、
      2018年以降に最も意識すべきルールとは何か?
       
        
       
      それは、簡単です。
       
       
      それが、
       
      ============
      時流に乗る
      ============
       
      ということです。
       
       
      ブームに便乗するといってもいいことでしょう。
       
       

      何でもいいです。
       
      2018年はブームを意識してみてください。
       
       
      そして、思い切ってそのブームに乗ってみてください。
       
       
      いま、面白そうなビジネスでは、
      ぱっと思いつくだけでも、
       
      ------------------------
       
      ・税金を大量投入する保育ビジネス
      ・仮想通貨のコンサルタント、アフィリエイト
      ・おじちゃん向けのスマホスクール
       
      ・儲からなくても貯金が増える助成金農家ビジネス
      ・おひねりが貰えるパソコンゲーマー
      ・空き家を使った不動産投資
       
      ------------------------
       
      などなど・・・。
       
      いろんな意味でブームになっている業界や
      ジャンルが数えきれないほどあります。
       
       
      不動産投資のノウハウは何度も
      お伝えしているので上記のビジネスで
      たとえるならば、
       
       
      資金を持て余したおじいちゃんに
      参加費500円で、
       
      『今からでも間に合う
       ゼロから始める仮想通貨セミナー』
       
      を近くの公民館やイオンなどで
      開催したらどうでしょうか?
       
       
      参加者は500円で取引所の開設を
      楽しみながら教えてもらえますし、
       
      お友達が増えるのですから
      きっと喜ぶことでしょう。
       
       
      TVやCMでガンガン広告を売っているので
      集客は難しくはないことでしょう。
       
       
       
      そして、私たちも
       
      「まずはここの取引所のアカウントを
       解説しましょうね」
       
      などといいながら、基礎を教えながら
      取引所のアフィリエイトを仕掛ければ、
      1取引所の開設で2万円近くもらえます。
       
       
      2か所もやれば4万円の収益ですから
      副業レベルであれば悪くないと思います。
       
       
      たった6人参加でも24万円の利益が
      見込めてしまうのです。
       
       
      どうですか?
      簡単なイメージが湧きますよね。
       
      スマホから開設方法を教えるだけですから
      このメールを見ている方であれば、
      1時間も勉強すればできるはずです。
       
       
      などなど。。。
       
       
      ブームに便乗して手軽に稼げるイメージが
      簡単に湧くことでしょう。
       
       
      ぜひ、いま、流行しているジャンルを狙ってみてください。
       
       
      すべてが加速化する日本では
      ブームが起きては直ぐに消えていきます。
       
      これらのブームのどれか一つでも乗ってしまえば、
      たいした知識やスキルがなくても一撃で
      数十万円、数百万円、数千万円を稼ぐ事ができます。
       
       
      ブームは全員が初心者です。
       
      売る方も買う方も初心者だから、
      品質があまり関係ないのです。
       
      だから誰でも平等に参入して勝つことができるのです。
       
       
      つまり、あなたも2018年以降、何かのブームに
      便乗することで一瞬で資産を構築できる時代に
      なっているのです。
       
       
      その証拠に私の尊敬する社長に
      SBIグループの北尾会長がいます。
       
       
      この北尾会長は、わずか10年で
      数えきれないほどの会社を作り上げ
       
      『約1420億円』
       
      を売り上げる組織を作りました。
       
       
      たとえば、
       
      SBI証券、SBI銀行、SBI損害保険、
      SBIFXトレード、SBI生命保険・・・
       
      などなど。
       
       
      日本ではそのサービスを知らない
      ビジネスマンはいないことでしょう。
       
       
      その北尾会長が、
       
      『成功の秘密は何ですか?』
       
      と聞かれ答えた一言が、
       
      『時流に乗れ』
       
      でした。
       
       
      時流に乗ることでビジネスはいくらでも拡大できる
       
      ということをいっていたほどです。
       
       
      つまり、
       
      『ブーム=あなたの金脈』
       
      となるのです。
       
       
      2018年に資産を構築したいあなたは
      これからブームになるビジネスへ
      勇気を出して飛び乗り、資産を
      構築するのです。
       
       
      そして、私たち『にこにこ本舗(株)』では
      その旬な時流に乗れるビジネスを
      2018年も具体的にお伝えしていきます。
       
      来年も築古戸建て投資が中心になるとは思いますが
      自信と責任をもってお伝えできる内容は
      どんな新しい内容でもお伝えしていきます。
       
      来年もどうぞ宜しくお願いいたしますね!
       
      そして、2018年も共に学び、共に成長し、
      共に夢を叶える仲間として宜しくお願いいたします。
       
       
      それでは良いお年を!
       
       
      細矢ますゆき
       
       
      追伸:
       
      年末年始の営業は29日〜4日までを
      お休みとさせて頂きます。
       
      メール対応はいたしますが、
      電話対応、事務所へご来場は
      できかねますのでご了承ください。


      ご利益のある社名とは?

      0
        2017.12.09 Saturday 

        ご利益のある社名
        〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
         

         

         
        細矢です。
         
        高齢者だけが就職面談にくる
        会社があります。
         
        「IT系の会社です!
         パソコン技術必須」
         
        と言っているのに、
        70歳の方や65歳の方が
        応募にくる会社です。
         
         
        IT系といえば、若い人たちが
        ブラックに働かされるイメージが
        ありますが、この会社は
        まったくの逆。
         
         
        お線香の臭いでもするのでしょうか・・・。
         
         
        「将来、独立したいので修行させてください!」

        とかではなく、
         
        「あと3年、健康で頑張りたいです」
         
        という方だけがくる。
         
         
        どんな会社だと思うでしょうか?
         
        どんな昭和チックな会社だと思いますか?  
         
         
         
         
        はい、それが・・・、
         
         
        最近判明したのですが・・・、
         
         
        【にこにこ本舗株式会社】です(笑)
          
         
        弊社になります。 
         
         
        やはりネームが和風だからなのでしょうか。
         
           
        お掃除やさんとか健康食品とか介護系の
        会社に感じるのかもしれませんね。
         
         
        あるいは、
         
        浅草の浅草寺のように
        ご利益がある社名に感じるのでしょう。
         
         
        ご高齢の方に興味がわく社名だようです。
         
         
         
        親近感があるので、
         
        「あの会社を落ちたら、
         にこにこ本舗でも受けてみっか」
         
        というノリでご応募を頂きます。
          
         
        ほのぼのした社名なので、
        緊張感がないのでしょうね(笑)
         
         
        先日もこんなことがありました。
          
         
        私:
         
        「おいくつになられたのですか?」
         
        面談者:
         
        「おかげさまで68歳になりました。
         嫁と二人で元気ですよ。
         があははははっ!」
         
        私:
         
        「ご高齢なのにお元気ですね!
         いろんな会社を回られているのですか?」 
         
        面談者:
         
        「そうですね。色々な会社を回っていますが歳が歳でしょ。
         まぁ、いまは浮浪者です」
         
        私;
         
        「へ?・・・」
         
        面談者
         
        「・・・」
         
        私:

        「浮浪者じゃなくて就職浪人ですよね?
          
        面談者:
         
        「そうでした。浮浪者じゃなくて就職浪人でしたね。
         がはははははっ!」
         
         
        ネタなのか本気なのか分かりません(笑)
          
         
        まあ、それはそれでいいのですが、
        やはりIT系のスタッフを雇うならば、
        横文字の方がいいのかもしれませんね。
         
         
         
        たとえば、
          
        ザ・ダビンチ
         
        とか、
         
        ●●エージェント
         
        とか、
         
        H&C カンパ二ー 
         
        とか、
         

        クリスタルガイザー
        (水の名前です)
         
         
        みたいな社名の方が
        求人は良さそうですね。
         
         
         
        ネーミングは大事ですね。
         
         
        では、今日も良い一日を!
         


        | 1/15PAGES | >>