無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

やっぱり財布はコレ!

0
    2017.11.13 Monday 

    やっぱり財布はコレ!
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     

    まいど、細矢です。

    財布を買い換えました。

    今の財布は2〜3年ほど使ったので
    定期交換です。


    で、

    今回、購入したのが、

    デザインが復刻した

    『小銭入れ無しの長財布タイガ』

    です。


    2〜3年前に買い替えをした際には、
    このタイガの小銭入れタイプが
    廃盤となっていました。


    そこで、やむを得ずに
    ラウンドファスナータイプを
    使用していたのですが、
    今回の復刻により、


    『小銭入れ無しの長財布タイガ』


    に戻りました。


    写真で比べると分かりますが、
    左側が今回購入した財布で、
    右側が今まで使用していた
    ラウンドタイプです。

     

     
    サイズが一回り違いますね。


    やっぱり財布はシャープで
    シンプルな物がいい。

    若いころのように
    現金をたんまり入れて
    自慢することもありません。

    うちポケットにスッと入る
    薄型サイズがいいですね。


    小銭入れがない分、薄いので、
    いざという時は武器にもなります。


    復刻はありがたいです!


    小銭入れタイプは在庫がない、
    とのことで3週間まちだそうですが
    お札入れを購入してきました。


     
    ただ、ひとつだけこのタイガで
    残念なことがあります。


    それが、、、


    タイガは中古では人気ありません。


    売却時には安くなるそうです。


    使い勝手はいいのですが、
    3年使うと価値は低いのが難点ですね。


    きっとダミエ模様のように
    若い人に人気がないからだと思います。

    なので中古相場では安くなって
    しまうことなのでしょう。



    ただ、2〜3年と長く使うものです。

    私は使いやすさ重視して、
    今回もタイガの財布です。


    もし、あなたもお財布を
    お探しならば、このタイガの
    小銭入れ無しタイプは勧めです。


    ではでは!


    細矢ますゆき


    追伸:

    ちなみに財布の選び方は、

    -----------------------------
    稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
    亀田 潤一郎 (著)
    -----------------------------

    はお勧めですね。

    財布選びに基準がない方は
    ぜひ読んでみてください。

    収入と財布の深い関係が
    分かります。

    しかも、その秘密が
    今なら中古本1円で買えます。

     


    もっと!人生をラクにする方法

    0
      2017.11.07 Tuesday 

      もっと!人生をラクにする方法
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       

       


      細矢です。
       
      鋭い質問を頂きました。
       
      鋭利なナイフで首元を
      ヒタヒタとあてるような
      鋭い質問です。
       
       
      それは、前回のメルマガで、
       
      「一人で頑張りすぎない。
      人生をラクにするには他人の能力を活かせ!」
       
      という話をしました。
       
       
      前回のお話を読んでいない方はこちら
      http://m-hosoya.jugem.jp/?eid=4825
       
       
      簡単に概略を話すならば、
       
      大人の社会は学生のテストと違い、
       
      『カンニングOK』『替え玉受験OK』『みんなで考えてもOK』
       
      です。
       
       
      一人でライバルと決闘する必要はありません。
      『集団リンチ』で戦いを望んでもOKです。
       
       
      自分ひとりで勝てないならば、
      自分よりも優れた能力、知識、経験を
      持つ人間を仲間に入れればいい。
       
       
      そんなお話をしました。
       
       
      これが前回の概略です。
       
       
      で、
       
       
      このお話を聞いた会員さまから、
        
      「他人が自分のために動いてくれるには
       どうしたらいいのでしょうか?
       
       やっぱり賄賂が一番ですかね?
       ウヒっウヒっ!」
       
      というご質問を頂いたのです。
       
       
       
      確かに『賄賂』は手っ取り早いです。
       
      『賄賂』を嫌がる人は、ほぼいないでしょう。
       
       
       
      ただ、これは原点からずれています。
       
       
       
      その『原点』からずれていると
      単なる浪費で終わってしまうことになります。
       
       
      なので、今日はその『原点』を守りつつ、
       
      『人生をもっとラクにする方法』
       
      として、
       
      『あなたのために働いてくれる人を
       異常なほどに増やす方法』
       
      をご紹介します。
       
       
      この方法を使えば、人生がめっちゃ楽になります。
       
      あなたが何もしなくても他人が勝手に
      あなたの問題を解決してくれるようになります。
       
      だから、あなたの夢も2倍、3倍のスピードで叶う。
       
       
      まさに人生のドーピングともいえる方法です。
       
       
       
      では、そのドーピングとは何か?
       
      何をすれば他人があなたのために
      自動で働いてくれるようになるのか?
       
       
       
      それは・・・、
       
       
      『感謝を示す』こと。
       
       
      これが最も最強です。
       
       
      私の経験上、100%の確率で、
      感謝を示すほどに人生が楽になります。
       
       
      もちろん、こういうと、
       
       
      「はぁ〜何ですか?感謝って。
       
       細矢さん、ブッタの話ですか!?
       
       私は宗教に興味ありません。
       他人を自分のために働かせたいんです!」
       
       
      と思う人もいるかもしれません。
       
       
      確かに昔の私もそう思っていました。
       
       
      その日の生活費にも困っていた時は、
       
      「綺麗ごとよりも凄い心理テクニックとか、
      催眠誘導の話を聞かせてくれ!」
       
      と本気で思っていました。
       
       
      しかし、心理誘導や催眠誘導を学ぶほどに
       
      『感謝を示す』ことが最強、
      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
       
      という結論に至っているのです。
       
        
       
      例えばですが、
       
       
      あなたは年賀状や暑中お見舞い、
      お中元やお歳暮をすべてのお世話に
      なっている方に送っているでしょうか?
       
       
      あなたはすべての人に感謝の気持ちを
      カタチにして送付しているでしょうか。
       
       
       
      残念ながら多くの方が送っていないと思います。
       
      お中元を送っても数件とか、年賀状でも数十枚ていどでしょう。
       
       
      もし、そうであったならば、
      感謝を示す行動が少ないかもしれません。
       
       
      その結果、人生でラクができていないのです。
       
       
       
      私たち人間は単純な生き物です。
       
      「この人は私を大切にしてくれているんだな!」
       
      と実感したとき、その人を応援したくなります。
       
       
      自分を理解し、承認してくれる人にほど、
      私たちは魅力を感じる生き物です。
       
       
      なので、あなたが沢山の人から
      応援をしてもらいたいならば、
      もっと、もっと、お世話になっている人へ
       
      『感謝を示す』
       
      ようにしてみてください。
       
       
       
      たとえば、年賀状であれば
      お客さんに送るのは当然ですが、
       
      あなたがお客となっている得意先にも
      送るのもいいでしょう。
       
       
      お中元やお歳暮も同じで、
      お客となっている得意先にも
       
      「いつも丁寧な納品をありがとうございます」
       
      と送付してもいいと思います。
       
       
      自分の立場や環境を超えたところで、
      他人に感謝を示すようにしてみてください。
       
       
      すると不思議なことなのですが、
      必ずどこかで誰かがあなたに救いの手を
      差し伸べてくれるようになります。
       
       
       
      たとえば、小さなところでは、
      私はコンビニ店員やファミレス店員に
       
      「今日もありがとう!」
       
      などと、よく声をかけます。
       
       
      そして、若い男の子がいると、
       
      「君の声はいい声してるねェ〜。
       女にモテるだろ!?」
       
      などと、話すことがあります。
       
       
       
      これはコンビニ店員はロボットのように扱われ、
      人間として見られていないことが多いからです。
       
       
      それでは一生懸命に働いている彼らには
      申し訳ないので、私なりの感謝の気持ちとして
      ありがとう、と言ったり、彼らをほめています。
       
       
      で、
       
      こんなことを某大手銀行員にもやっていたら、
       
       
      「細矢さん、駐車場いつも大変でしょ?
       これ受け取ってください」
       
       
      と、大量の無料の駐車券を
      受け取ることもありました。
       
       
       
      きっと彼らは一生懸命に仕事をしても、
      お客から褒められることもなく、
      クレームを受けるばかり。
       
       
      そんな中で私が感謝を示すことで
      印象に強く残ったのでしょう。
       
      何気ない『感謝を示す』行動が
      駐車場料金をタダにしてくれました。
       
       
       
       
      その他にも、前の税理士事務所では、
      いつも頑張ってくれているお姉さんに
       
      「いつもありがとうね!」
       
      と『たい焼き』をプレゼントしたら、
      年末調整を半額やってくれたこともあります。
       
       
      「年末調整代って高いよね」
       
      と、何気なくぼやいた一言を
      聞いていくれたのだと思います。
       
       
       
      そして、今、一番お世話になっている
      不動産屋さんも同じです。
       
      当初、この不動産屋さんは、
      期待をしてない一社でした。
       
        
      しかし、物件情報を定期的に配信してくれたので
      『感謝を示す』ことをしました。
       
       
      まだ取引すらしていないにも関わらず、
      営業所全員に伝わるように
      大きくて重いお中元を送付しました。
       
       
      すると、彼の社内評価が上がり、
      モチベーションがアップ。
       
       
      「今年は物件買えるかな・・・」
       
      と悩んでいた私に利回り20%以上の物件を
      運んできてくれたのです。
       
       
      何気ない『感謝を示す』作業が
      大金を私に運んでくれたのです。
       
       
       
      その他にも・・・、
       
       
      挙げたらキリがないほどに
      私は人に助けられています。
       
       
      上記以外にも専門家や士業の方々など、
      困った時は電話一本でアドバイスを
      いただけるようになっています。
       
       
       
      これは私の能力でも魅力でもなく、
      単純に『感謝を示した』ことだからだと思います。
       
       
      そう考えると感謝を示すことは、
      まさに最強の成功術だといえることでしょう。
       
       
      私たち人は一人ですべてはできません。
       
      知らないこと、できないこと、
      解決できない問題は必ずあります。
       
       
      しかし、このように他者の存在を認め、
      彼らに感謝していると、
       
      必ず、どこかで、誰かが、
       
      あなたに救いの手を差し伸べて
      くれるようになります。
       
       
      ぜひ、騙されたと思って試してみてください。
       
      他人の存在を大切にしてみてください。
         
         
      あなたの人生はもっと楽になります!
       
       
      細矢ますゆき
       
       
      追伸:
       
      私が考える賄賂の原則は、
       
      例えば、年収1千万円の人に
      何かをお願いするとします。
       
      彼が年間200日働くしたら
      日当で5万円です。
       
       
      その彼が私のために半日ほど手伝ってくれ、
      その感謝を形に示す場合、
       
      日当5万円の半額の2.5万円、
       
      と考え、裏で3万円ていどを渡すのが
      基本的な考え方です。
       
      「金を払うからやってくれ」ではなく、
       
      相手の存在を認め、価値を認め、
      それを金銭であらわした場合が
      感謝を合わらす賄賂です。
       
      このように考えると、
      相手の時間を頂戴したのですから、
      対価を払うのは当然ですし、
       
      その価値を認めず、対価も払わなければ
      相手にされなくなるのも当然かもしれません。
       
       


      もっと楽に生きませんか?

      0
        2017.11.06 Monday 
        もっと楽に生きませんか?
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         
        細矢です。
         
        大発見をしました。
         
        人生40年目にして
        『ヤバい成功法則』に気付きました。
         
         
        もし、あなたが、
         
        ・何をやっても中途半端で終わってしまう
         
        ・もう一歩のところでやり通せない
         
        ・ビジネスで一発大当たりを出せない
         
        と悩んでいるならば、
        その悩みを一発解決する方法を
        あなたに教えます。
         
         
         
        では、その大発見とは何かというと、
         
        『もっと楽に生きませんか?』
         
        ということです。
         
         
        もっと肩のチカラを抜いて、
        楽に生きた方が結果がでますよ!
         
         
        ということです。
         
         
         
        もちろん、こう言うと
         
        「はぁ?何言ってるんですか?
         細矢さんはいつも努力しろと
         言ってるじゃないですか!?」
         
        「今さらラクをしろとはどう意味ですか?」
         
        と思う方もいるかもしれません。
         
         
        でも、少しだけ私の話を聞いてください。
         
         
         
        実は私の可愛い弟子と話をしていた時です。
         
         
        この弟子は、頭がいいです。
         
        日本でも有数なエリート大学を出ていますし、
        英語もペラペラ。
         
        起業家精神もあります。
         
         
        でも、副業で結果が思うように出ない。
         
         
        おばあちゃんの『おしっこ』のように
        チョロチョロとしか結果がでません。
         
         
        大きく外れるわけでもないのですが、
        大きく当たりもしない。
         
         
        線香花火のようにパチパチと
        プリティーな火花が散るだけで、
        ドカンッ!と打ち上げ花火が上がりません。
         
         
        やらないよりはマシかもしれませんが、
        頑張った苦労が結果として伴わないのです。
         
         
         
        一言でいうならば、中途半端なんです。
         
         
        正直、私自身もなぜ結果がでないのか
        分かりませんでした。
         
         
         
        そんな時、興味深い一言を彼が言いました。
         
         
        それが・・・、
         
         
        「細矢さん、実は・・・、
         事務員にお願いができないんです。
         
         切手を買ってきてもらうこともできなんです。
         これっておかしいでしょうか?」
         
         
        私はこの言葉を聞いたとき、
        思わずアゴが外れそうになりました。
         
         
         
        彼は人にお願いができないというのです。
         
         
         
        だからすべての事柄について、
        全てを一人で抱え込み、自分の力で
        全てを解決しようとしていたのです。
         
         
         
        だから、ビジネスも
         
        『人にお願いする』
         
        という発想が全くない。
         
         
        すべてを自分の時間、能力、経験だけで
        解決しようとしていたのです。
         
         
         
        これを聞いてどう思いますか?
         
         
        「一人で頑張るとはすばらしい!」
         
        と思うでしょうか?
         
         
         
         
        でも、大人の社会は、
         
        これは100%の確率で負けますよね。
         
         
         
        一瞬で撲殺されます。
         
         
         
         
        なぜなら、大人の社会は
        学校のテストではないからです。
         
         
        一人で頑張る必要が全くありません。
         
         
        大人の社会は・・・、
         
         
        カンニングもOK。
         
        みんなで考えてもOK。
         
        替え玉受験もOKです。
         
         
         
         
        大人の社会にルールはありません。
        何をやってもいい。
         
         
         
        にも拘わらず、彼は一人で苦労し、
        一人で悩み、一人で作業を行っていたのです。
         
         
        これでは全てが中途半端になっても
        仕方ないのです。
         
         
        ライバルが他人の時間、能力を使い、
        掛け算で仕掛けているにもかかわらず
         
         
        自分ひとりで戦っていては、
        足し算でしか仕掛けることができません。
         
         
        これでは空高く飛ぶB29爆撃機に
        『竹やり』で戦いで挑むようなもの。
         
         
        勝てるわけがないのです。
         
         
         
        では、どうしたらいいのか?
         
         
        答えは簡単。
         
         
        もっと、もっと、
        他人の能力や時間を使った方がいい。
         
         
        自分で全てを抱え込むのではなく、
        もっとラクにスムーズに物事が進むように考える。
         
         
        だから、
         
         
        自分よりも高い能力の人間のチカラを借りる。
         
        自分よりも専門知識を持った人間の脳みそを使う。
         
        自分よりも時間をたくさんもった人間の時間を貰う。
         
         
         
        あなたがラクをしながら勝てる作戦を取った方が
        勝てる確率が飛躍的にアップします。
         
         
         
        その証拠に私の尊敬する社長さまに、
          
          
        ・パソコンは電源すら入れられない
         
        ・メールを打ったことがない
         
        ・文章なんて書いたこともない
         
         
        という社長様でも大成功を遂げている方がいます。
         
          
        旅行とゴルフ三昧ですが、
        大成功を遂げています。
          
          
        ではこの社長さまがなぜ成功できるのかというと、
        他人の能力や時間を有効活用しているからです。
         
         
        他人の能力、時間、経験をパズルのように組み合わせ、
        ひとつの未来を描けるからです。
         
        だから、この社長は何もしなくても
        成功できているのです。
         
         
          
        ということで、
         
        もし、あなたが
         
         
        ・何をやっても中途半端で終わってしまう
         
        ・もう一歩のところでやり通せない
         
        ・ビジネスで一発大当たりを出せない
         
         
        と悩んでいるならば、
        もっとラクに生きませんか?
         
         
        自分ひとりだけで思い悩むのではなく、
        他人の能力や経験に目を向けてください。
         
         
        彼らの能力や才能を発揮する場を作ることも
        私たち起業家の仕事です。
         
         
        間違っても、
          
        「私には能力が足りない・・・」
         
        とは思わないでください。
         
         
        能力が足りている人なんて
        世の中にはいません。
         
         
        あなたが悪いのではありません。
         
        自分の能力だけに目を向けるのではなく、
        他人の使える能力に目を向けるだけで
        チャンスの扉は開くのです。
         
         
        ぜひ、自分だけで抱え込まず、
        もっとラクをしてくださいね。
         
        ラクをするほどにあなたの成功は
        もっと近づきます。
         
         
        ではまた!
         
        細矢ますゆき
         
         
        追伸:
         
        他人の能力や才能を使うときに
        一つだけ注意することがあります。
         
        それは、他人を思いやる気持ちです。
         
        彼らを認め、彼らに感謝し、
        彼らとひとつの作品を作っていく。
         
        彼らのおかげでビジネスが存在する
        ことを決して忘れないでくださいね。
         
        人を大切することこそ、
        あなたのビジネスの成長に繋がります。
         
         
         
        追伸2:
         
        にこにこ忘年会の募集が開始しました。
        ぜひ、一緒にワイワイやりましょう。
         
        素晴らしい能力を持った起業家が
        たくさん集まります。
         
        新しいコラボレーションを作る
        キッカケになることをお約束いたします。
         
        http://www.nikoniko-honpo.com/2017/bou2/

        | 1/14PAGES | >>