無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

人生に奇跡を起こす物語 釘を打ち続けた少年の奇跡 ネット起業家 細矢

0
    2011.10.10 Monday 
    おはようございます。
    細矢です。

    最近のブログを振り返ったら、
    おバカさんネタが多かったのに気が付きました(笑)

    あまり、おばかさんという言葉は
    よくありませんね。

    そこで今日は、反省の意味も込めて、私の大好きな
    ある少年と父親の物語をご紹介します。

    この物語は不思議なパワーをもった物語です。


    このお話を聞いたあなたは、
    きっと幸せな人生を送れることでしょう。

    多くの人から愛され、笑顔に包まれて
    幸福に満ち溢れた豊かな人生を送れることだと思います。


    では、どんなお話なのか?

    ゆったりと落ち着いてご聴きください。


    ----ここから----------


    あるところに、短気な少年がいました。

    彼は少しでも嫌なことや、
    思い通りに物事が進まないと
    腹を立てては騒ぎはじめます。


    地方でもネットでガツンと稼ぐ7つの法則!


    父親は、一袋の釘を少年(息子)にもたせ、
    こう言い聞かせます。


    「坊や、怒りが込み上げてきたら
     壁に釘を打ちつけなさい」


    と言いました。


    最初の日、少年はハンマーを片手に
    何十本と壁に釘を打ち込みました。


    その後の数週間後。

    少年は、自分の怒りをコントロールしようと努力したため、
    打ち込む釘の数は少しずつ減っていきました。


    それから数週間後。
    少年はあることに気づきます。


    少年は、怒りを抑える事は、
    壁に釘を打ち付けるよりも思ったより
    簡単なことだと気付きはじめましたのです。


    そして、気が付いたら短期な自分を克服し、
    怒りを爆発させることが全くなくなりました。

    少年はそのことを父親に告げました。


    すると、父親は今度は、打ち付けた「くぎ」を
    毎日一本ずつ抜き取っていくように息子に言いました。



    それから数か月後。


    少年は、全ての釘を抜きったことを父親に報告しました。

    父親は、息子を手にとって、フェンスへ連れて行きました。

    そしてこう息子に言いました。


    「坊や、よくやったね。
     でもフェンスにあいた穴をよく見てごらん。

     壁は2度と同じものにはならないんだよ。
     一度空いた穴はふさがらないんだ。


     これと同じように、怒りに満ちた言葉をはけば、
     この穴のように誰かの心に傷をつけてしまうんだ。

     ナイフを突き刺して、引き抜くことと同じだよ。

     何度謝っても何も変わらないんだよ。
     傷跡はいつまでもそこに残ってしまうんだ。

     言葉で受ける傷は、身体的に受ける傷と
     おなじくらいひどいものなのだよ。

     だから言葉に怒りをこめてはいけない。

     傷が深く残ってしまうのだから。

     変わりに思いやりをこめて言葉を伝えなさい」


    -------------------ここまで-------

    いかがでしたでしょうか?

    学ぶことが多い物語ですよね。


    一度穴をあけてしまった壁は、
    釘を抜いても、穴は元に戻らない。

    印象深い言葉です。


    私たちは、大切な人にほど、
    時にはキツイ言葉を言ってしまうものです。

    愛するがゆえに、感情的になってしまうことがあります。


    ただ、そんな時ほど、この少年の話を
    思い出してみてください。


    きっとあなたを愛してくれる大切な人から
    今以上に愛されると思います。


    追伸:

    メルマガで募集いたしました細矢主催の
    忘年会ですが、おかげさまで一瞬で
    満席になりました!

    本当にありがとうございます!

    次はあなたとセミナーや忘年会、新年会で
    お会いできるかもしれませんね。

    ただ、セミナーやその他のイベントは
    メルマガ会員さまだけにしか告知しておりません。

    もしよかったら、メルマガ会員に登録してください。


    他の会員さまと言葉を交わすことで
    あなたの人生が今以上にエキサイティングに
    なることは間違いありません。

    ぜひ、このブログにあるメルマガ登録欄より
    ご登録くださいね。



    ではでは!



    細矢ますゆき


    コメント
    コメントする