無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
メール(必須)
苗字(必須)

破産する人の特徴

0
    2016.12.20 Tuesday 

     
    細矢です。
     
    破産する人の特徴って
    知っていますか?
     
    あるいは、
     
    借金地獄に陥る人の
    決定的な人柄をご存知でしょうか?
     
     
    実は、元金融業者の方の話によると
    非常に興味深い事実がありました。
     
    驚くような共通点があったのです。
     
     
    それは何だと思いますか?
     
     
     
    それは・・・
     
    『まじめな人』
     
    だそうです。
     
     
    元金融業者の彼曰く、
    愚直なほどにまっすぐに生き、
    一生懸命な人ほど破産をするそうです。


    まじめに生きれば生きるほどに
    破産する可能性が高いのです。


    あなたはこの事実を
    知っていたでしょか?



    では、なぜ破産するのか?

    なぜ、借金地獄に陥るのでしょうか?



    理由は簡単で、

    『ひとつのことに集中すぎる』

    だからそうです。


    そのためにリスク分散ができていない。

    ひとつのことに集中しすぎるために、
    想定外のトラブルに対応ができなく
    なるのです。


    たとえば、町工場のまじめな経営者が
    いたとします。

    彼は従業員6名を抱える
    典型的な中小企業の経営者。

    携帯電話の内部に使用する
    特殊な絶縁シールを加工していました。

    彼はとにかく仕事熱心。

    元請け会社から無理難題を
    突き付けられても歯を食いしばります。


    ギャンブルも一切せずに、
    朝から晩まで仕事いっぽんの
    人間でした。


    そうして、その携帯電話の
    絶縁シールの加工を極め、
    業界内ではトップクラスの
    技術と信頼を身に着けました。


    そして、スタッフたちも
    社長の働く姿勢に感銘をうけ、
    熱心に働き、社長に負けないほどの
    専門知識を身に着けたのです。




    しかし、ここから悪夢が勃発します。


    なんと・・・技術の発展で、
    携帯電話の仕組みがいっぺん。

    絶縁テープを使わない
    新しい液晶画面の携帯電話が流行します。


    すると、今まで使用していた
    特殊な絶縁シールは単なるゴミと同じ。

    誰も彼の仕事を必要しません。

    そのためにローンで購入した機材も
    無用の長物となります。


    元請けに頭を下げても
    必要のないものは作れません。

    収入が一気に途切れます。


    そうこうしている間に
    従業員の給料日が到来。

    社長はわずかな貯金を
    はたいて支払います。



    「来月こそは何とかする。
    この技術は必要としている人はいるはずだ」


    と思うものの、技術の進歩は止まりません。


    彼の技術は不要となっていきます。


    そして、気が付けば翌月の給料日が到来。

    貯金は底をつき、従業員にお金も払えません。


    そこで悩んだ彼は、ついに
    金融業者からお金を借りるのです。


    そして、この後は言うまでもありません。

    借金に借金を重ねる自転車経営で
    1年後に自己破産に陥ります。


    そこで働いたスタッフと家族も
    路頭に迷うことになったのです。


    ・・・


    これは嘘のような話ですが、
    本当の話です。

    悲惨ですよね。


    なぜ、社長が破たんしたのかは
    もうわかりますよね?



    そうです。

    まじめに働きすぎたのです。


    景気のいいときは
    まじめほど最強の武器はありません。

    やれば、やるほどに稼げます。


    しかし、先ほどの社長のように
    まじめに働きすぎると
    世の中が見えなくなります。


    世の中に変化があったときに
    対応ができなくなるのです。


    そして、これは経営者だけでは
    ありません。


    従業員も同じです。


    いま、目の前の仕事に頑張りすぎることは
    残念ながら『リスクが高い』です。


    何かの拍子でトラブルが発生したとき、
    収入が途切れ、リスク保全ができません。


    たとえば・・・

    ・会社の仕事が激減した
    ・上司とトラブってクビになる
    ・強力なライバルが出現で売り上げダウン
    ・社長が病気で倒れて取引先が減る
    ・吸収合併されて会社を清算される
    ・元請け会社が倒産した

    などなど。


    想定外のトラブルに巻き込まれた場合、
    何も対策を取れないので
    一気に破産へまっしぐら・・・。


    こんなことに陥ってしまう
    可能性があるのです。


    もちろん、これは目の前の仕事に対して
    不真面目になれ、ということではありません。


    真剣に取り組みつつも、
    『広い視野』をもつことで
    破産のリスクを回避できる。


    そういうことなのです。


    事実、私も似たような経験がありました。


    アフィリエイトビジネスを
    ガンガンやっていたころ。


    検索エンジンの表示方法に
    『大きな変化』があったとき、
    一晩で収入がゼロ円になりました。

    苦労して作った
    1000サイトがゴミになりました。


    「どうせ回復するだろう」

    そう思っていましたが
    何も変わりませんでした。

    その時には同業者の多くは廃業しました。


    しかし、私は偶然にも
    アパート経営をしていたので、
    食つなぐことができました。

    そして、次のビジネスを立ち上げ
    今があるのです。


    ということで、今日のまとめです。


    まじめになりつつも、
    広い視野を持つ。

    新しいことにチャレンジしておく。


    元金融業者マンからの
    リアルな教えです。


    ではまた!

    細矢ますゆき
     


    コメント
    コメントする