無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
メール(必須)
苗字(必須)

いじめに耐えて17年・・・便利は儲かるのか?

0
    2018.02.17 Saturday 

     

    いじめに耐えて17年・・・
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     
    --------------------
     
    「あっもしもし、
     ごみは裏口のバケツの中に宜しくね!」
     
    毎日の家事も電話一本でOK。
    奥さんの奪われた夏休みを取り返します。

    犬の散歩からご主人のパンツ縫いまで。
    何でもお聞かせください。
     
    --------------------------
     
      
    まいど、細矢です。
     
    私が8年近く前に
    テストでばらまいたチラシです。
     
     
    居酒屋にいたプータロー軍団が、
     
    「細矢さん、何か仕事ないの?」
     
    ということで、シャレで
    便利屋のチラシをまいた過去があります。
     
     
    いま、思うと原稿が若いですね。
     
    バカにされるリスクをまったく気にしていない。
     
    当時はアフィリエイトで
    ジャンジャン稼いでいたころです。
     
    セルフイメージが高かったのでしょう。
      
     
    このチラシを地元に配布したのですから、
    自分でいうのも変ですが、
    気が狂ってますね(笑)
     
     
    で、
     
    なぜ、このチラシをご紹介したのかというと
    たまたま昨日のコンサルティングで
    便利屋がテーマになったから。
     
     
    私は便利屋ビジネスが好きなので
    よく話題に挙げています。
     
     
    ちょっとした副業には最適ですね!
     
     
    ちなみに、その時のデータがこちらです。
     
    --------------------
     
    チラシ配布 11,600部配布
    売り上げ   419,750円
     
    純利益  252,000円
     
    ----------------------
     
     
    たったチラシを1回まいただけの割には
    この売り上げ、利益率は高いですよね。
     
    作業の多くはプータロー軍団(外注)に
    お願いしていたので利益率は
    半分ぐらいですが、十分だと思います。 
     
     
    ということで、
     
     
    懐かしいチラシを引っ張り出したので
    シェアさせて頂きました。
      
     
    きっと今でも同じぐらいの反応率は
    あると思います。
     
     
    便利屋起業にご興味のあるかたは
    ご参考に!
      
    ではまた!
     
    細矢ますゆき
     
     
    追伸:
     
    どうでもいい話なのですが、
    チラシの中で好きな個所は、
     
    『ずっとパシリでした・・・』
     
    という箇所に紐づけて、
     
    『もし、当社サービスに満足いただけない場合、
    走ってお金を返しに行きます』 
       
    という、走りとパシりを
    紐づけているところです(笑)
     
    どうでもいい話ですが、
    当時の私は細部にまでこだわっていますね。

     
     


    コメント
    コメントする