無料レポート1

あなたは何も悪くない!

本当のあなたはかっこいい! お金と自信をもたらす5つの物語を無料プレゼント中!

無料レポート2

裏切り者覚悟であなたに告白!真贋スキルを使って非道徳に月100万円稼ぐ方法無料で今すぐ読んでみる!

無料セミナー

8000人以上が受講した
無料メールセミナー
実践リスト付きのボリューム満点の7回配信!
これを読んで稼げないとは言わせません!

著書

細矢プロデュース!
アマゾン部門別で二冠!
不動産投資のバイブルはアマゾンで好評発売中!

細矢ますゆきとは

1977年1月8日 千葉県長生郡長生村生まれ。 高校時代、最下位を取得。 職を転々としたのち独立。 今現在はアパート経営、 ウェブコンサルティングと 幅広くビジネスを展開

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
メール(必須)
苗字(必須)

私は死にます

0
    2018.11.05 Monday 

    私は死にます

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    細矢です。
     
    成功する人と成功しない人の
    違いを知っていますか?
     
    人間はみな平等なはずです。
     
    なのに、なぜ、違いがでるのか?
     
     
    実は昔からこの疑問は
    誰もがもっていたようです。
     
     
    鎌倉時代のカリスマ禅僧、
    道元さんの『正法眼蔵』にも
    こんな逸話があります。
     
     
    修行僧:
     
    「しっしっ師匠!
     なぜ、人は成功する人と
     成功しない人の違いがあるのですか!?」
     
     
    カリスマのお坊さん 道元:
     
    「成功する人は努力する。
     成功しない人は努力しない。
     その差だ。」
     
     
    これを聞いた修行僧は納得しました。
     
    そうか、努力の違いが人を分けるのか、
    と納得しました。
     
     
    しかし、ある時、気づきます。
     
    なぜ、努力する人と努力をしない人の
    違いがでてくるのだろうか・・・。
     
    そこで、修行僧は師匠に聞きます。
     
     
    修行僧:
     
    「しっしっ師匠!
     なぜ、人は努力する人と
     努力しない人の違いがあるのですか!?」
     
     
    カリスマのお坊さん 道元:
     
    「うむ、いい質問だ。
     実はな・・・、
     
     努力する人には志がある。
     努力しない人には志がない。
     その差だ。」
     
     
    さすがカリスマのお坊さんです。
     
    短い言葉で真理を説明します。
    これを聞いた修行僧は納得しました。
     
     
    賢くなった気分になりました。
     
     
    ところが、また悩みが出てきました。
     
    仏さまの前ではみんな平等のはずなのに、
    なぜ、志がある人と志がない人の違いが
    でてくるのか・・・?
     
    修行僧はまた聞きました。
     
     
     
    修行僧:
     
    「しっしっ師匠!
     なぜ、人は志のある人と
     志のない人の違いがあるのですか!?」
     
     
    カリスマのお坊さん 道元:
     
    「うむ、いい質問だ。
     では、その真理を教えてやろう」
     
     
    修行僧:
     
    「はっはい!」
     
     
    カリスマのお坊さん 道元:
     
    「志のある人は『人間は必ず死ぬ』ということを
     分かっている。
     志のない人は『人間が必ず死ぬ』ということを
     本当の意味で知らない。」
     その差だ。」
     
     
    じゃんじゃん。
     
     
    深い言葉ですよね。
     
    さすがカリスマ禅宗です。
     
    考えさせられます。
     
     
    たとえば、私は月に1度、
    両親に会っています。
     
    年間で12回です。
     
    その両親も今年も70歳を超えました。
     
     
    ということは、平均年齢でいえば
    あと14年で死にます。
     
     
    ということは、両親と私が合う回数は、
     
    12回×14年=168回
     
    です。
     
     
    168回と思うと多いように感じますが、
    一カ月を30日として、
    168を月間で割るとどうなるでしょうか。
     
     
    168÷30=約6カ月。
     
     
    子供のころと同じように毎日あったとしたら
    約6か月後にはお別れをすることになります。
     
     
    つまり、私からすると両親との余命は半年。
     
    相対的には半年後にサヨナラです。
     
     
    その他にも、これから紅葉が始まりますが、
    紅葉は年に1回しか見れません。
     
     
    私は42歳になり過去に大病を患いましたから
    紅葉を見れるのも、多くても30回だと思います。
     
     
    あなたが50歳であれば、
    お正月も30回迎えられるかどうか・・・。
     
    あなたが60歳であれば、
    奥さんとの誕生日をあと20回祝えるかどうか・・・。
     
     
    ギリギリのラインになることでしょう。
     
     
    人生ってはかないですよね。
     
     
    死ぬことに失敗した人間は
    過去にいません。
     
    太陽の周りを地球がグルグルと
    回っているうちに、あなたの人生も
    私の人生も終わってしまいます。
     
    そして、このメルマガを読んだ1分間も
    あなたは死に向かって進んだことになります。
     
     
    そして、カリスマ禅宗の道元さんは、
     
    志を持って生きるかどうか?
     
    というお話をしたように
     
    私は今、この瞬間の『命』を
    どうやって『使う』のか?
     
     
    あなたがどんな『志』という
    『使命』をもって生きていくのか?
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     
     
    意識をしながら生きるのか?
     
    それとも、
     
    昨日に流されて生きるのか?
     
    によって未来が変わります。
     
     
    そして、死ぬ間際の充足感も
    大きく変わることでしょう。
     
     
    その意識を持つことことが、
    道元さんが教えてくれた
    成功する人の違いです。
     
     
    あなたはどんなことに
    残された命を使いますか?
     
    どんな人に感謝の言葉を与えてから
    この世を去るでしょうか?
     
    たまには考えてみると
    あなたの人生はより良い人生に
    なると思います。
     
     
    ではまた!
     
     
    細矢ますゆき
     
     
    追伸:

    ツイッターで話題になった言葉です。
     
    --------------------------
     
    『やれる可能性があるやつが
     努力しないのを見ると、
      
     胸倉つかんで「俺と変われ」
     と言いたくなる。
     
    by 白血病により23歳でなくなった青年の言葉
     
    --------------------------
     
    私たちは彼の分まで生きる必要がありますね。
     
     


    コメント
    コメントする